狙ったスレは逃さないのです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

唯「『憂ちゃんに中出し!!!』っと…」カタカタカタ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 23:53:46.66 ID:9DeRXyyk0
憂「お姉ちゃん大学入学おめでとう!」

唯「ありがとううい~!」

憂「そんなお姉ちゃんにプレゼントがあります」

唯「なになに??」

憂「じゃーん!パソコンだよ~」

唯「わぁ!!!ういー!」

憂「えへへ~」

唯「やった~!…でも、どうやって買ったの?」

憂「バイトだよ~」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 23:57:11.25 ID:9DeRXyyk0
唯「バイト!?これの為に?」

憂「うん♪」ニコ

唯「うっうっ…わたしはなんて幸せなお姉ちゃんなのでしょう」

憂「わたしもお姉ちゃんの妹で幸せだよ♪」

唯「ういーー!!!」

憂「お姉ちゃぁぁぁん!!!」

唯憂「あったかあったか♪」


しかしその一週間前
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 00:30:16.72 ID:dkaKhUMB0
家電屋

憂「…」ジーッ

梓「これがいいの?」

憂「うん…」

春モデル 250,000円の値札を見つめる憂

梓「こんな薄くて高性能なパソコン、唯先輩には使いこなせないんじゃ…」

憂「ううん!お姉ちゃん、やればできる人だし」

梓「…でもお金足りるの?」

憂「少し足りないや…」

梓「じゃあそっちの安い方にする?」

憂「でもこっちの方が可愛いし…やっぱりこれがいいなぁ…」

梓「自分で使うわけじゃないのに…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 00:34:19.72 ID:dkaKhUMB0
憂「梓ちゃん!」

梓「なに?」

憂「絶対に返すから、少し貸して下さいっ」

梓「…」

梓「…憂の姉想いに負けたよ」

憂「ありがとう梓ちゃん!」

梓「ううん、でも近い内に返してね」

憂「うん!!必ず!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 00:40:55.09 ID:dkaKhUMB0
梓と別れた帰りの本屋

憂(お姉ちゃんあんまりパソコン触ったこと無いだろうから…)

憂(私も無いから教えられないし)

憂(一枚だけ図書券が残ってたからこれで解説書買っちゃおう)

憂(なるべく分かりやすそうな本がいいな…)

憂(『サルでも分かるWindows 7』…これでいいや)

憂(ふふ、これでお姉ちゃんもパソコン使いこなせるようになるかな)

憂(パソコンを使いこなすお姉ちゃん……かっこいい///)デレ

店員「お客様?」

憂「あっ、ごめんなさい…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 00:45:36.50 ID:dkaKhUMB0
その二週間後

唯「♪♪♪」

憂「お姉ちゃん何見てるの~?」

唯「ゆーちゅーぶだよ、憂」

憂「ゆーちゅーぶ?すごいね~お姉ちゃん!」

唯「憂にも何か見せてあげるよ、何見たい?」

憂「う~ん…」

憂(さすがお姉ちゃん、早速パソコン使いこなしてる!)

唯「なんでも見れるよ~。憂のおかげだよ~♪」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 02:31:24.86 ID:dkaKhUMB0
/* >>37から */


憂「にちゃんねるって…なんだか怖そう」

唯「そう?」

憂「うん…」

唯「大丈夫だよ」ポチポチ

えっちぃ広告が憂の目を引く

憂「…//」

唯「『平沢憂』っと…」カタカタ

憂「お、お姉ちゃん!!」

唯「検索するだけだって~」

憂「もう…」

prrrr

憂「あっ、電話」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 02:37:26.76 ID:dkaKhUMB0
唯(うおっ…憂のすれがある)

唯(憂が電話してる隙に見ちゃえ)カチ

憂スレが表示される

唯「おぉ……」

唯「…」ジーッ

唯「…」

憂「お姉ちゃん?」

唯「な、なにー?」カチ

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 15:08:58.50 ID:dkaKhUMB0
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し

唯「わぁぁぁあああ」

憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し
憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し憂ちゃんに中出し

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 15:13:30.38 ID:dkaKhUMB0
唯「憂ちゃんに中出し!!!中出しぃいいい!!!」ハァハァ

唯「中出し!!中出し!!!」ハァハァ

唯「中出し中出し中出し中出し中出し」カタカタカタカタ

唯「憂に中出し!!」カタカタ ッタァァン

唯「中出ししないと……中出ししないと死んじゃう」

prrrrr

憂『お姉ちゃん?』

唯「憂、大変!早く帰ってきて!!」

憂『え、どうしたの!?』

唯「いいから早く帰ってきてぇええ!!」

憂『う、うん!!分かった!!』

ピッ

唯「中出し……憂に中出ししないともう我慢できない」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 15:15:46.17 ID:dkaKhUMB0
唯「『憂ちゃんに中出し!!!』っと…」カタカタカタ

唯「『60分憂ちゃん中出し!!!』っと…」カタカタカタ

唯「あああああ……頭がおかしくなりそ……」

唯「中出ししたい……憂に中出ししたい……」

唯「『憂ちゃんに中出し!!!』っと…」カタカタカタ

唯「だめだぁ!書き込んでるだけじゃ抑えきれなあんんんんん」

唯「中出しいぃいいいいい!!!!」

ガチャ!

憂「お姉ちゃん!?」

唯「中出し!!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 15:18:20.99 ID:dkaKhUMB0
ガバッ

憂「キャ」

唯「中出し……中出し……」

憂「お、お姉ちゃ」唯「中出し!!!」憂「ひっ」

ビリビリビリビリ

憂「ひ、ひぃ!!」

唯「憂に中出し…憂に中出し…」ハァハァ

憂「お、お姉ちゃんやめて」

唯「中出し中出し中出し中出し」

憂「イヤアアアァアアアアア……

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 15:24:18.89 ID:dkaKhUMB0
唯「…ん?」

憂「お姉ちゃぁん…」ウルウル

唯「中出しって何を中に出せばいいのかな?」

憂「分かんないよ…」

唯「……」

唯「うわあああああああああああああ!!!!」

憂「お姉ちゃん落ち着いてぇっ!!」

唯「できない!!中出しができない!!」

憂「お姉ちゃん!!」

唯「やあああああああああああ!!…おえええ!?」ゴホッ

憂「!?」

ニョキニョキニョキニョキ

唯「は、生えたぁ!!」

憂「お、お姉ちゃんの股間から何か…」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 15:28:05.30 ID:dkaKhUMB0
唯「憂…」

憂「な、なに…?」ゾクッ

唯「もうムリ…抑えきれない」

憂「お、お姉ちゃん」

唯「いくよ憂」

憂「///」カァア


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:00:26.57 ID:Se2Ssw5UO
唯「なかだし……」

唯「さっぱりわかんないや……こういう時は……」

梓『はいもしもし』

唯「あっずにゃーん!なかだしって何!?」

梓『………はぁ?』



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:03:25.60 ID:Se2Ssw5UO
唯「にちゃんねる見てるんだけど、どうにも意味がわからんです!」

梓『私の方がもっとわからんです』

唯「あずにゃんなら知ってるはず!さあ、教えたまへ!」

梓『とりあえず行きますよ全く…』

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:06:06.69 ID:Se2Ssw5UO
ピンポ-ン

唯「はいはいはい」ガチャ

梓「おはようございます」

唯「待ってたよ~!ささ、ずずいとこちらへ!」

梓「お邪魔します」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:09:23.30 ID:Se2Ssw5UO
梓「………なるほど」

唯「さすがあずにゃん!もうわかっちゃった!」

梓「同時に呆れましたけどね……見せる方が早いかな」カチカチ

梓「中出しとは、こういう事です」

唯「はわわわわわ//////」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:12:54.08 ID:Se2Ssw5UO
梓「……落ち着きましたか?」

唯「う、うん……でもさ、これ男の人の……あれを入れるんだよね?」

梓「まあそうですね」

唯「私達女の子だから入れるモノがないよ?」

梓「まあそうですね」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:17:54.68 ID:Se2Ssw5UO
唯「どうするのさ!どうしたらいいのさ!」

梓「どうにもできません。諦めて下さい」

唯「そ、そんなあ!ドラえも~ん!何とかしてよお!」

梓「誰がドラえもんですか。とりあえず問題は解決したし、帰りますよ」

唯「ひどいよあずにゃん!ここまできて見捨てるなんて!」

梓「お邪魔しました」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:22:51.25 ID:Se2Ssw5UO
唯「うう…あずにゃんの人でなし…鬼、悪魔、くまさんぱんつ……」シクシク

唯「………あ」

唯「ムギちゃんなら…ムギちゃんなら何とかしてくれるはず……」

ピポパピポ

紬『あら唯ちゃん。何かご用?』

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:28:13.96 ID:Se2Ssw5UO
唯「かくかくちでじか」

紬『なるほど』

唯「どうにかなりませんですか?」

紬『なるわよ』

唯「ほんと!?さすがムギちゃん!頼りになるぅ!」

紬『とりあえず私の家にいらっしゃいな』

唯「いくいく~!すぐいくよ~!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:37:17.88 ID:Se2Ssw5UO
紬「いらっしゃーい」

唯「さっそくですがムギちゃん。どうにかしてくれたまへ!」

紬「簡単よぉ、おちんちんつけちゃえばいいのよ~」

唯「なんと!そのような事が!」

紬「我が琴吹家に不可能の文字はないのよ!」

唯「ちょっと待った。それは痛いですか?」

紬「全身麻酔手術だから痛くはないわね」

唯「じゃ問題はないね!さっそくつけて下さいな!」

紬「はいはい」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:41:43.12 ID:Se2Ssw5UO
唯「…………ん~」

紬「あら、お目覚め?」

唯「ん~……はっ!?」

唯「おちんちんは!?」

紬「手術は無事に成功したわ。これで憂ちゃんと性交できるわよ」

唯「これで憂を……ムフフ…」

紬「ツッコミはないのね…」シクシク

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:50:29.16 ID:Se2Ssw5UO
唯「はっやくかえってこっないかな~♪」

憂「ただいま~」

唯「キター!!!」

唯「うい~」

憂「何?お姉ちゃん」

唯「お話があります」

憂「はい?」

唯「まあ座って」

憂「う、うん」チョコン

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:53:43.96 ID:Se2Ssw5UO
唯「お姉ちゃん、ういに中出しをしようと思います!」

憂「なか…だし?」

唯「中出しです」

憂「赤出しならインスタントのがあったはずだよ?」

唯「中出しです」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 10:56:20.91 ID:Se2Ssw5UO
憂「赤出しじゃない?」

唯「中出しです」

憂「そんな料理あったかなぁ」

唯「無知ってのは悲しいね」

憂「ごめんね」

唯「とりあえずこれを見たまへ」カチカチ

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 11:01:52.02 ID:Se2Ssw5UO
憂「ちょ/////お姉ちゃん!!!これ////」

唯「これが中出しなのだよ」

憂「で、でも私達女の子だから…いや、お姉ちゃんとなら私はいいんだけど///」

唯「心配ご無用!ノックは無用!これを見たまへ!!!」

ドッカ-ン

憂「ふええ!?おちんちん!?」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 11:05:32.19 ID:Se2Ssw5UO
唯「ういに中出しをしたくてつけました!」

憂「お姉ちゃん…」

唯「と、言うことで」

唯「さあ、おまんまんを出せーぃ!!」

憂「ちょ!?お姉ちゃん!?あーれぇー」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 11:15:17.05 ID:Se2Ssw5UO
憂「ストップ!!!」バキッ

唯「ぐっ……世界を制する左フックだね」

憂「ご、ごめんね…じゃなくって!」

憂「いきなりは怖いの!もっとこう、ほら!この動画みたいにキスとか!」

唯「え~?私達姉妹じゃん。姉妹でキスっておかしくない?」

憂「………」

唯「え?何?」

憂「お姉ちゃんのバカ!!!」グシャアッ!

唯「ぐべほっ!!!………ら、ライトニングプラズマだね…」

憂「お姉ちゃんなんか知らない!」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:14:12.58 ID:Se2Ssw5UO
唯「何で怒るんだろ」

唯「私の事嫌いになっちゃったのかな……」

唯「いくら考えてもわかんないなぁ」

唯「と、言う訳で。何でういは怒っちゃったのかな?」

梓『また何で私なんですか』

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:18:06.54 ID:Se2Ssw5UO
唯「愚問だよあずにゃん!あずにゃんは私の便利な四次元ポケットじゃないのさ!」

梓『おやすみなさい』

唯「ああああ!待って待って待って!!!切るのは答えてから!!」

梓『……何で先輩が分からないのかが分からないんですけどね』

唯「ほへ?」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:35:06.58 ID:Se2Ssw5UO
梓『いいですか先輩?憂は先輩が好きなんです』

唯「まあ、愛されてる自信はあるよ!」

梓『その大好きな先輩から体が目当てだみたいな事を言われたら、そりゃ怒りますよ』

唯「ん~」

梓『動画の4つぐらい見て同じようにやってみたらいいんじゃないですか?』

唯「なるほど・ザ・ワールド!それで有無を言わさず中出ししたらいいんだね!」

梓『はい消えた』

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:39:28.05 ID:Se2Ssw5UO
唯「違うの?」

梓『とにかく、自分だけじゃなくって憂を気持ちよくさせる事です』

唯「ん~……何となく分かったよ!」

梓『本当にわか』ピッ

唯「とりあえず動画を見よう!」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:48:27.92 ID:Se2Ssw5UO
アハンアハンココカココガエエノンカ-

唯「おおう……これはすごい」

唯「最後は顔にかける…何で中出ししないんだろ」

唯「とりあえずこの動画を最後にっと」カチ

キャ-ヤメテ-
ヘッヘッヘコンナトコダレモコネ-ヨ
ナカニハダサナイデ-
ウルセ-ダスゼ-ハラメヨ-

唯「こ、これは!!」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:50:49.11 ID:Se2Ssw5UO
トントン

唯「うい~起きてる~?」

憂「お姉ちゃん?」

唯「起きてるね~。入るよ~」

憂「うん」

ガチャ

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 16:56:02.12 ID:Se2Ssw5UO
憂「お姉ちゃん、どうしたの?変な笑いかたして」

唯「うい…」

バキッ

憂「あぐっ!…い、痛いよお姉ちゃん!」

唯「ムフフ…」

バキッドスッゲシッ

憂「い…たい…よ…うぇぇ…」

唯「おとなしくしてねっ!」

ジャキ-ン

憂「ひいっ!?」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:00:49.83 ID:Se2Ssw5UO
唯「ふふふ~ん♪」

ジャキジャキジャキン

憂「ひどいよお姉ちゃん!何でこんな…」

唯「うい、私はついに真理を得たのだよ!」

憂「し、真理?」

唯「中出しの極意とはレイプにあり!!!」

憂「絶対に間違ってるよお姉ちゃん!!!」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:06:00.17 ID:Se2Ssw5UO
唯「うるさいうるさいうるさ~いっ!」

ピタ

憂「ひいっ!」

唯「いやいや言っててもそのうち気持ちよくなるんだからさ」

憂「お、お姉ちゃん?私の話を…」

唯「さあ、自分でアソコを拡げようね~」

ピタピタ

憂「うぅ…」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:12:10.09 ID:Se2Ssw5UO
クパァ

唯「こ、これが…ういのおまんこかぁ…」

憂「うぇぇん…」

唯「ほら入れるよ~」

ムニッ

唯「なかなか入らないなぁ…」

グッ

憂「―――っ!!!!?」

メリッ

憂「いいいたいいたいっいたいよお姉ちゃんっ!!!!」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:17:07.71 ID:Se2Ssw5UO
唯「がまんだよういっ!」

憂「やめていたいぬいてたすけておねえちゃん!!!」

唯「きついなぁ…そうだ」

バキバキバキッ

憂「げふっ!!」

唯「お、ちょっと緩んだね」

ズズッ

唯「はあぁ……き、気持ちいい…かも…」

憂「うぅ……」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:24:09.46 ID:Se2Ssw5UO
唯「あはっ、これっ、いい!!ういのおまんこ最高!!」

ジュポッグポッズポッ

憂「ひっ…ひっ…」

唯「うい、気持ちよくなってきた?」

憂「………」

唯「あはは!お姉ちゃんはすっごく気持ちいいよぉ!!」

パンッパンッパンッ

唯「あへっ、やだっ、さいっこー!いいよっ!お姉ちゃんちんぽからなんかでるかもぉ♪」

憂「!?」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:31:32.31 ID:Se2Ssw5UO
憂「やだやだやだやだお姉ちゃんやめてぇ!!!」

唯「やめるわけないでしょっ!!」

パンッパンッパパパンッ

憂「だっ、ダメぇ!!!中には、中はやめてよお姉ちゃん!!」

唯「あはは!!!イクッ!お姉ちゃんイクッ!!あはぁっ!!!」

ドピュドピュドバァッ

憂「ダメぇ…中はダメだよぉ……」

唯「うふふ…もう…遅いようい…」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:38:06.63 ID:Se2Ssw5UO
憂「うぅ……」

唯「うい…」

憂「お姉ちゃんなんか…大っ…嫌いだぁ…うっ…うぇぇ…」

唯「うい…」

カシャッ

憂「!?」

唯「かわいいよ、うい…」

カシャ-カシャ-カシャ-

憂「やっ!?やめてえええ!!!」

唯「あん、もう。暴れちゃダメダメ」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:43:18.84 ID:Se2Ssw5UO
憂「やめてよっ!何で写メまで撮るのっ!?」

唯「レイプを記録に残すのが当たり前らしいよっ」

カシャ-カシャ-

憂「出てって!出てってよ!!!」

唯「そんな事言われても、2回目しなきゃいけないじゃん!」

憂「出てってー!!!!」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:48:36.97 ID:Se2Ssw5UO
唯「あまりの剣幕に追い出されました」

唯「何であんなに怒るのかなぁ」

唯「と、言う訳であずにゃん」

梓『前から思ってましたがバカですか先輩』

唯「ひどいっ!?私のハートに5・6本ナイフが突き刺さったよ!?」

梓『そのまま死んでいいです』ブツッ

唯「何よもう!あずにゃん訳分かんないよ!プンプンだよっ!」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:54:13.39 ID:Se2Ssw5UO
つぎのひ!

唯「あふ…おはよ~」

唯「うい~?」

唯「珍しくお寝坊さんかなぁ?」トントン

唯「うい~?起きないと朝ごはん抜きになっちゃうよぉ?」

憂「…………」

唯「お姉ちゃんの朝ごはん~」

憂「今日は……自分でパン焼いて」

唯「どうしたのさ?風邪ひいた?」

憂「………学校も休むから」

唯「あらま」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 18:30:11.67 ID:Se2Ssw5UO
さるついでに帰宅中

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 18:47:01.37 ID:Se2Ssw5UO
唯「と、言う訳です」

律「唯…」

澪「何と言うか…」

紬「いくら何でもそれは引くわねぇ」

唯「あれ?あずにゃんは?」

律「フォローに行ったんだよ!!!」

唯「誰の?」

律「お前の妹のだ!!!」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/07(月) 19:09:46.61 ID:AFqxHMgp0
Se2Ssw5UO=mgxhYXri0でおk?

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:59:40.04 ID:Se2Ssw5UO
またさるくらった
ついでにフロメシ
241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 18:53:31.92 ID:mgxhYXri0
律「そもそも唯、事の重大さが分かってるか?」

唯「うん!おちんちんって気持ちいいもんだねぇ。みんなもつければいいのに」

澪「全く分かってないな」

唯「おちんちんの気持ちよさよりも大事な事がこの世の中にあるのでせうか」

律「大ありだバカタレ」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 18:57:30.38 ID:mgxhYXri0
律『いいか!?何も余計な事は言うなよ!ただひたすら謝ってこい!』



唯「って、みんな何で私が悪いって言うのさ!プンプンだよっ!」

唯「ただいまぁ~」

唯「うい~?ただいま~?」

唯「あれ?どうしたんだろ」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:01:32.72 ID:mgxhYXri0
唯「あずにゃんの靴があるってことは、ういの部屋にいるんだよね」

トントン

唯「うい~?いるんでしょ?レイプの時間だよ~?」

ガチャ

梓「………」

グワッシャア!!ドンガラガッチャン!

唯「ひ、左スリークォーターからの…スマッシュだね…」

梓「やっと落ち着かせたのに何てことを言うんですか!」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:06:31.81 ID:mgxhYXri0
唯「あずにゃんこそ何なのさ!肝心なときに役に立たないポンコツのくせに!」

梓「はいはいはい!それはとっても後悔しています!だから少しこっちへ来て下さい!」

ズルズルズル


唯「全くもう、あずにゃんは強引すぎだぞ!先輩として厳しく注意するよ!」

梓「はいはいはい。ところで憂の事なんですけど」

唯「そうそう、私は憂をレイプするんだよ」

梓「ちょっとだけでいいですからガマンして下さい」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/07(月) 19:09:46.61 ID:AFqxHMgp0
Se2Ssw5UO=mgxhYXri0でおk?

249 名前:>>245てめぇwwwwww[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:10:04.56 ID:mgxhYXri0
梓「いいですか先輩。憂はとっても傷ついています。心身ともに」

唯「そうなの?」

梓「そうです。どうしてか分かりますか?」

唯「知らないよそんなこと!私が気持ちよければそれでいいのがレイプでしょ?」

梓「…頭痛いなぁもう!」

250 名前:>>248そうです。帰宅したのでPCから[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:16:09.77 ID:mgxhYXri0
梓「先輩は憂のことをどう思ってます?」

唯「妹で何だっけ…確かどこかのサイトに」ブウゥン

唯「立ち上がり遅いなぁ…あずにゃんとおんなじポンコツPCだよ!」

梓「憂が昨日買ってきたばかりでしょうが!」

唯「冗談だよっ!心にゆとりを持たないとこの東京砂漠に埋もれちゃうぞ☆」

梓「あれ?なんだろうこの感覚…これが殺意?」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:20:53.80 ID:mgxhYXri0
唯「あったあった!えーと…そうそう!『おなほーる』だよ!」

梓「うわーさいてーだこのひと」

唯「何!?あずにゃんが聞いたから答えたんでしょ!?それなのに『さいてー』ってひどいよ!プンプンだよっ!」

梓「はいはいはいごめんなさい。ところで憂が傷ついてる理由ですけど」

唯「なぁに?」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:30:42.17 ID:mgxhYXri0
梓「昨日も言いましたよね?憂は先輩の事が好きだって」

唯「言ったねぇ」

梓「だから先輩からレイプをされたってことが憂の心の傷になってるんです」

唯「そんなの知ったことじゃないよ!」

梓「……ごめん憂、この人何言ってもダメだ…」

254 名前:>>251 30になったばかりだorz[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:37:27.07 ID:mgxhYXri0
唯「さぁ、そこをどいてあずにゃん!もう私のおちんちんは新燃岳のようになってます!」

梓「出来る訳ないでしょう!」

ガチャ

憂「梓ちゃん、もういいよ…」

唯「うい~!中出し!中出し!」

梓「唯先輩!」ドゴス!

唯「発勁…は…はん…そ…く」バタン

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:41:10.02 ID:mgxhYXri0
梓「…ふぅ。って、憂…もういいって…?」

憂「うん…」

憂「レイプでもいいよ、もう。お姉ちゃんがそれでいいなら」

梓「憂…」

憂「それにね?何となく分かったの。これがお姉ちゃんなりの、私への愛し方なのかも、って」

梓「そ、れは…」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:44:29.86 ID:mgxhYXri0
憂「みんなから見たらおかしいんだろうね」

憂「でも…お姉ちゃんがおかしくなった原因が『私に中出し』なら」

憂「私もお姉ちゃんと一緒におかしくなる。なりたいの」

梓「……」

憂「今日はもう帰って…」

梓「……分かった」

憂「ありがとう。梓ちゃん」

梓「……また明日、ね」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:49:10.11 ID:mgxhYXri0
唯「う~ん…う~ん………ハッ!?」

唯「あずにゃん!ひどいよあずにゃん!」

憂「梓ちゃんなら帰ったよ」

唯「うい!」

憂「お姉ちゃん…」

パサッ

唯「う、うい?」

憂「お姉ちゃん、レイプしたいんでしょ?」

パサッ

憂「いいよ…お姉ちゃんの好きにして…」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:27:37.20 ID:mgxhYXri0
唯「それじゃおしりこっち向けて」

憂「うん…これでいい?」

唯「あはっ、ういのおしりの穴も丸見えだ~」

憂「……」

唯「うい?」

憂「え?何?お姉ちゃん」

唯「嫌がらないの?」

憂「うん…いいの、もう。お姉ちゃんなら…ううん」

憂「お姉ちゃんの好きにしてほしいの。お姉ちゃんが私を見ててくれるなら、それでいいの」

唯「うい…」キュン

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:34:20.61 ID:mgxhYXri0
唯「あ、あれ?」

憂「どうしたの?」

唯「あれ?あれ!?あれ~!?」

憂「お姉ちゃん?」

唯「うい~!!おちんちんが!おちんちんがヘニャッってなっちゃったよぅ!!」

憂「お、落ち着いてお姉ちゃん!」

唯「ういのおまんこに入れたいのに!レイプしたいのにぃ!!!」

唯「あわわわわわ…どうしよう!?どうしたらいいの!?」

憂「どうしようって言われても…あ!」

憂「お姉ちゃん!ほらういのおまんこだよ!」クパァ

唯「……」ヘニャ

唯「ダメだようい!ダメだダメだダメだこれじゃういを気持ちよくさせてあげられないよ!」ジタバタ

憂「え?」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:43:48.59 ID:mgxhYXri0
憂「お姉ちゃん、今なんて…?」

唯「立って!立ちなさいジョー!」

憂「ジョー?」

唯「あ、このおちんちんの名前ね」

憂「ふうん…いやいやいや、その前に」

憂「お姉ちゃん、私をレイプするんじゃなかったの?」

唯「へ?あ~、うん。そうだったんだけど」

唯「何かういがカワイイから、レイプって気分じゃなくて、普通に気持ちよくさせてあげたいなぁって」

憂「お、おねえちゃん…」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:51:20.33 ID:mgxhYXri0
唯「ダメだようい…もうお姉ちゃんはダメです。真っ白な灰になっちまったです…」

憂「ちょっと待って!」

憂「こういう時は…」



梓「何でいつも私なのだろう…」ブツブツ

憂「ごめんね梓ちゃん」

梓「私にも出来る事と出来ない事が」

唯「それでもあずにゃんなら…あずにゃんなら何とかしてくれる!」

梓「とりあえず、話を聞きましょうか」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:56:27.23 ID:mgxhYXri0
唯「しかくいむーぶ」

梓「……憂、ちょっと」

憂「え?何?」

唯「私だけ仲間はずれいけないと思います!」

梓「ちょっとだけです!」



梓「………いい?」

憂「……うん、わかった」

梓「じゃあ私はリビングで待機してるから」

憂「うん…ありがと」


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:07:59.58 ID:mgxhYXri0
憂「お姉ちゃんお待たせ」

唯「おかえりうい!」

憂「あのね、お姉ちゃん」

唯「ん?何かな?お小遣いの前借りならできないぞ!」

憂「お姉ちゃんのほうが金遣いは荒いでしょ。そうじゃなくって、その…せっ…くすはやめよ?」

唯「え?」

憂「今、梓ちゃんに聞いたんだけどね?こういう近親相姦って言うんだって、それを強要したほうは罪悪感から体の機能がおかしくなるんだって」

唯「ええええ!?」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:11:34.29 ID:mgxhYXri0
憂「お姉ちゃんの場合はジョーがさっきまで元気だったじゃない?だから一過性のものかもって」

唯「ガマンしたら、またういとセックスできる?」

憂「かもしんないって」

唯「う…しかたないよね。分かった、がまんするよ」

憂「お姉ちゃん…」

唯「お姉ちゃんだからガマン強いんだよ!だからガマンするよ!」

憂「う、うん…じゃあ私晩ごはんのしたくするね」

唯「はんばーぐ!はんばーぐ!」

憂「うん、ハンバーグにしようか。じゃ」

パタパタパタ

唯「う…うえーん…やだやだやだよぉ…」シクシク

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:17:18.93 ID:mgxhYXri0
梓「あれ?早かったね…と言う事は…」

憂「うん…レイプじゃないと興奮しないっていうセンは消えたみたい」

梓「そっか…どこからどうみても完全無欠の冷血鬼畜レイピストだと思ったんだけどなぁ」

憂「梓ちゃん言いすぎ」

梓「もう、これは私の手には負えないよ?」

憂「うん…梓ちゃんも案外使えないね」

梓「今さらりと爆弾投げなかった?」

憂「気のせいだよ。晩ごはん作るけど、梓ちゃんも食べていくよね?」

梓「あ、うん」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:24:31.53 ID:mgxhYXri0
憂「おねえちゃ~ん!ごはんできたよぉ~!」

パタパタパタパタ

唯「はんばーぐ!はんばーぐ!今日はおろしはんばーぐ!」

憂「はいはい、大根するから待っててね」

唯「は~や~くぅ~」

梓「…ほんとにこの人何考えてるんだろ」ブツブツ

唯「あれ?あずにゃんいたの?」

梓「いるんです!」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:34:58.99 ID:mgxhYXri0
唯「ハムッハフッ」

梓「もぐ…もぐ…」

梓(しかし、何でいきなり唯先輩に勃起不全が…)

梓(あれだけ憂なんかどうでもいい、自分さえよければ!なんて言ってた人なのに…)

梓(私だけじゃどうにもならないかな…)

梓(でも、律先輩たちに話しても余計に話がこじれるのは目に見えてるし…)

唯「あずにゃん!?」

梓「は、はい!?」

唯「もう!ボーっとしちゃダメだぞ!話聞いてなかったでしょ?」

梓「は、はい。ごめんなさい…で、何ですか?」

唯「もしかして、憂の体に飽きちゃったのかもしれないですよ!」

梓「………は?」

唯「だから、ここはあず」

梓「おいしかったよ憂!それじゃ私はこれで!」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:39:16.28 ID:mgxhYXri0
ガシッ

梓「っ!?…憂!?」

憂「ごめんね梓ちゃん。これもお姉ちゃんのため…」

唯「さささ、あずにゃん!服を脱いで!」

梓「や、やめてー!!!」

唯「あ、それ」

憂「ぽぽぽいのぽーい」

梓「ううう…」シクシク

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:43:03.97 ID:mgxhYXri0
唯「とりあえずあずにゃんを裸にしてみました!」

憂「どう?お姉ちゃん」

唯「ん~」




唯「やっぱりジョー君はノックアウトされたままです…」

梓「ホッ…」

憂「本当に梓ちゃんは使えないね」

唯「ポンコツだからね」

梓「言いたい事はそれだけですか」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:47:42.18 ID:mgxhYXri0
唯「ういがバカにするからあずにゃん怒って帰っちゃったじゃないのさ!」

憂「お姉ちゃんだってポンコツって言ったでしょ」

唯「ポンコツは使い道があるもん!だからお姉ちゃんのほうが優しいもん!」

憂「…やめよ、不毛だよ」

唯「そだね、不毛だね」

唯「…お風呂入ってくるよ」

憂「うん…」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:55:54.88 ID:mgxhYXri0
唯「ふぃ~…極楽極楽とんぼのデブは山本~っと」

唯「…あっても意味ないんなら取っちゃおうかな」

唯「でも、気持ちよかったなぁ…」

唯「ふぅ…」

憂「お姉ちゃん、私も入っていい?」

唯「うい!?」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:00:44.03 ID:mgxhYXri0
唯「ど、どうしたのうい?」

憂「いいじゃない。たまには、ね?」

唯「そりゃ構わないけどさ」

ザバーッ

憂「ふぅ…それじゃ私も湯船に入ろっと」

唯「ちょ、うい…」

憂「ん、しょっと」

唯「せまいようい~」

憂「うん、せまいね」

憂「これだけせまかったら、体が嫌でも当たっちゃうよね」

スリ…

唯「あ…」

284 名前:酒が回ってきた[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:07:32.25 ID:mgxhYXri0
憂「どうしたの?お姉ちゃん?」

サワサワ

唯「う、うい…自分からなんて、どうして…」

憂「…お姉ちゃんに愛してほしいから、かな」

憂「体が目当てでもいいんだ…お姉ちゃんが私を見てくれるなら、おなほーるでいいよ私」

唯「え?私ういにそんなこと言ったっけ?」

憂「ううん、梓ちゃんに聞いたの」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:26:23.53 ID:mgxhYXri0
スリスリ

憂「こうしてるとジョー君も意外にカワイイかも」

唯「うい…」ギュ

憂「あ…おねえちゃ…」

唯「ん…おっぱいくっつけるの、結構気持ちいいね」

憂「うん…」

スリスリ

唯「ねぇ、うい…キス、しよっか」

憂「うん…」

チュッ

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:33:38.40 ID:mgxhYXri0
唯「ちゅ…ちゅ…」

憂「ん…ちゅ…」

ムクッ

憂「きゃっ!?」

唯「うわっ!?」

ムクムクムクドッカーン!

憂「立った!クララが立った!うわーい!」

唯「え?これジョー君」

憂「いや、なんとなくね」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:38:13.22 ID:mgxhYXri0
唯「うい、どうしよう…」

憂「どうしようって…」

唯「ジョー君をすごくういのおまんこに入れたいです」

憂「う、うん…」

憂「それじゃ…」

ザバッ

憂「い、いいよ。お姉ちゃん。私の…ういのおまんこで気持ちよくなって…」クパァ

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:46:15.32 ID:mgxhYXri0
唯「い、入れるよ?」

憂「おねえちゃんのばかぁ…そんなこと聞かなくていいの」

憂「早く…来て」

唯「……」

ピト

唯「ういのおまんこ、ヌルヌルだね…」

憂「だって…おねえちゃんだからだもん」

唯「ふふ、カワイイぞ。うい」

ズプゥ

唯憂「ああっ!!」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:51:29.49 ID:mgxhYXri0
ズプッズプッグポッ

唯「う、う…いい、気持ちいいようい…」

憂「わ、たしも…すごい、のぉ!あんっそこダメぇ!」

唯「ハァッ…ハァッ…うい、激しくして、いい?」

憂「ひうっ!おねえちゃん!いいの!もっとして!もっとはげしくしてぇ!」

パンパンパンパンパンパパンパパパン!

唯「くうぅ~!!」

憂「いや!ダメ!これダメぇ!あった、ま、おかしくなっちゃうよぉ!!!」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:17:14.56 ID:KVZDv+9vO
ズパパパパパン!パンパンパパンッ!

憂「お、ねえちゃっ!ダメっ!わたしイクッ!ああんっ!!」

唯「ういっ!わたしもっ!なかっ!中に出すよっ!?」

憂「きてっ!あああ!!もうダメえ!!お姉ちゃんいっしょにぃ!!!」

唯「くうっ!!!!」

ドバドバドバドッピュ-ン!!!



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:20:15.59 ID:KVZDv+9vO
唯「ハアッ…ハアッ…」

憂「は…ぁ…」

唯「う、い…気持ち、よかった?」

憂「うん…すごい…こんなの初めてだよ…」

唯「そかそか…ちゅ」

憂「あ…ちゅ…」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:23:24.11 ID:KVZDv+9vO
唯「クチュン!」

憂「あ、湯冷めしちゃうね」

唯「うん」

憂「じゃあ湯船に入ろ」

ザップ-ン


327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:31:29.00 ID:KVZDv+9vO
つぎのひ!

梓「あれ?唯先輩も休みですか?」

律「ああ。風邪ひいたってさ」

澪「バカなのにな」

梓「じゃあ私お見舞い行きます」

律「そうか?じゃ今日は解散だな」

律「ところで梓。憂ちゃんはどうだった?」

梓「何とも…です」

律「姉にレイプされるなんてヘビーな体験だからなぁ」

澪「梓がしっかりフォローしてれば大丈夫じゃ?」

律「だといいけどな。じゃ、帰るか澪」

梓「私も失礼します。お疲れ様でした」

律「おつー」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:34:48.46 ID:KVZDv+9vO
梓「唯先輩、まだEDのままかな」

梓「その方が平和だけど」

ピンポ-ン

梓「ごめんくださーい」

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:41:01.16 ID:KVZDv+9vO
梓「あれ?」

ピンポ-ン

梓「休みだからいるはずなのに…」

ピポピポピンポ-ン

……ヤッヤダオネエチャン

梓「憂!?」

梓「イ・ナ・ズ・マ・キィーック!!!」

ドガバギドシュイ-ン!!

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:44:59.53 ID:KVZDv+9vO
唯「うわああああっ!?」

憂「きゃー!!!」

梓「憂!だいじょう……ぶそうだね」

唯「ひどいよあずにゃん!いきなり玄関壊すなんて!!」

梓「壊した玄関の向こうで交尾してる方がひどいと思います」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 12:47:09.95 ID:KVZDv+9vO
帰ってきた中断

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 15:37:40.26 ID:KVZDv+9vO
再開
上司を召喚してくれた某社の人ありがとう

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 15:44:03.50 ID:KVZDv+9vO
唯「あずにゃん何しにきたのさ」カクカク

梓「先輩が風邪ひいたって聞いたからお見舞いに来たんです」

憂「あん、お姉ちゃん」

唯「そっか~心配してくれてありがとあずにゃん!」カクカク

憂「いいよぉ…あんっ」

梓「人と話をするときは腰をカクカクしない!」

唯「え?なんで?」カクカク


342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 15:48:24.98 ID:KVZDv+9vO
梓「サルですね…」

唯「そうそう『サルでも分かる初めての体位』を読んだからね!」カクカク

梓「……サルシリーズにそんなのあったかな…」

憂「うあっ!?お、ねえ、ちゃん深いぃ!」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 15:54:23.34 ID:KVZDv+9vO
梓「それにしても先輩、疲れませんか?ずっと憂を抱えてますけど」

唯「結構しんどいけど、愛と勇気だけがともだちだから何ともないよ!」カクカク

梓「頭わいてますね」

憂「お姉ちゃん私もうダメー!」


344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 15:58:28.85 ID:KVZDv+9vO
唯「うい、お姉ちゃんも出るよぉ!!」

憂「出して!!お姉ちゃんの熱いの子宮にぶちまけてぇ!!!」

唯「あうっ!!」

憂「わおーん!!」

ドクドクドク

梓「犬かよ」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:04:49.71 ID:KVZDv+9vO
憂「ハアッハアッ…」

唯「ハアッハアッ…うい、抜くよ…」

憂「やだぁ…今日はずっと入れてるのぉ…」

唯「うんうん、そうだったね」

オウイエ-!メ-ルダバカヤロウ!

梓「律先輩から?」

『どうだった?大丈夫そうだったか?』

梓「………」カコカコ

『サルで犬で繋ぎっぱなしです』

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:12:26.01 ID:KVZDv+9vO
梓「まぁ、体に異常がないなら別にいいんですけどね。お邪魔しました」

唯「あ、待ってあずにゃん!」

梓「何ですか?」

唯「ムギちゃんは今日学校に来てた?」

梓「来てたんじゃないですか?私は見てませんけど」

唯「ほんとにあずにゃんはポンコツだなぁ」

梓「心配して来たカワイイ後輩に酷いお言葉ありがとうございますっ!」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:19:25.96 ID:KVZDv+9vO
唯「あれ?あずにゃーん……帰っちゃった」

憂「ポンコツって言うから…」

唯「ポンコツだから仕方ないね」

憂「使えないのは認めるけどね」

憂「それよりお姉ちゃん…」キュッ

唯「あふっ!?う、うい!そんなにキュッてしたららめえ!」

憂「続きするの!」

唯「よーし、パパ帆かけ舟に挑戦しちゃうぞー!」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:25:43.77 ID:KVZDv+9vO
ナミノ-タニマニ-イノチノ-ハナ-ガ-

唯「あんっ、もう…いいとこなのにぃ」

唯「ごしごし、たわしです」

紬『唯ちゃん?電話してくれてたみたいだけど』

唯「ムギちゃん!待ってたよぉ!」

紬『ご用件は何かしら?』

唯「あのねー…」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:36:24.84 ID:KVZDv+9vO
紬『話は分かったわ』

唯「おお!心の友よ!」

紬『とりあえず私の家にいらっしゃいな』

唯「あ、でも…」

紬『どうかしたの?』

唯「ポンコツあずにゃんが玄関壊したから不用心だよぉ」

紬『あらら、それならウチのグループ会社に直させるわ』

唯「あとね、今日は憂と一日セックスの日だからお迎えにきてほしいな~なんて」

紬『あらま、お盛んねぇ。いいわ、しばらく待っててね』

唯「ありがとうムギちゃん!!」ピッ

憂「お姉ちゃん?何をするつもり?」

唯「いいこと!」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:42:56.38 ID:KVZDv+9vO
紬「いらっしゃい」

唯「それじゃ一丁お願いするよ!」

憂「あ、よく分かりませんけどお願いします」

紬「憂ちゃんのサイズはどうしましょうか?」

憂「え?」

唯「極太マッキーの太いほうぐらい!」

紬「あらあら、ビッグマグナムね」

憂「え?え?」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:47:03.09 ID:KVZDv+9vO
憂「あの…話が見えないんだけど…」

紬「あら?話してないの?」

憂「電話であれの手術とか何とかって言ってるのは横で聞きました」

唯「うい」

憂「な、なに?」

唯「おちんちん、つけよう!」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 16:52:10.16 ID:KVZDv+9vO
憂「ええええ!!?」

紬「本当に話してなかったの?」

唯「さぷらいずだよっ!」

憂「こ、怖いよお姉ちゃん!嫌だよ!おちんちんなんかいらないよ!」

唯「うい…」

憂「だから帰ろ?ね?帰ろ?」

唯「ダメだよ!ういはおちんちんをつけるんだよ!」

憂「っ!?」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 17:00:17.59 ID:KVZDv+9vO
憂「お姉ちゃん…」

唯「ういが気持ちよさそうだから、お姉ちゃんもういと同じになりたいの!だからういにおちんちんつけて入れてもらうの!」

憂「!!………お姉ちゃん…」

紬「美しい姉妹愛ねぇ」ホロリ

憂「分かったよお姉ちゃん、私おちんちんつける!」

唯「うい!!」ギュッ

紬「うんうん。私、感動しちゃった。もう大サービスで真珠もいっぱいつけてあげるわ!!」

385 名前:帰宅[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:26:28.40 ID:j06LpUnw0
憂「………んん…」

唯「むにゃむにゃ……あぅ…」

紬「あら?お目覚め?」

憂「頭がふらふらします…」

唯「ん~…なんで私寝てるんだろ」

紬「ふふふ…まぁ、まずは自分達の目で確認してね」

憂「?……!!!???」

唯「………ええええええ!!!???」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:31:46.23 ID:j06LpUnw0
憂「う~」パタンキュー

唯「うねうね~!!うねうね~!!なにこれぇ!!!」

紬「しょ・く・しゅ」

唯「気持ち悪いよ~」

紬「慣れてないから感覚が分からないだけよ。すぐに自在に動かせるようになるわ」

紬「それに理論上、おちんちんの6倍(当社比)で気持ちいいのよ!」

唯「な、なんとぉ!」

387 名前:ネタ借用すまないw[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:35:27.75 ID:j06LpUnw0
唯「すごい大サービスだけど、何で?」

紬「神の啓示を受けたのよ」

むしろ憂ちゃんはオニンニンじゃなくて触手状にすれば良いじゃないか

琴吹財閥の力に不可能はないはずだ

紬「ってね」

唯「ん?神様ういにつければいいって言ってるのに何で私まで?」

紬「それこそサービスよ」

紬「おちんちんも1.5倍(従来比)にしてるわ」




388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:38:25.87 ID:j06LpUnw0
紬「それじゃ、家まで送ってあげるわ」

唯「うん…あ、こら!そっちじゃないよ!」ウネウネ

唯「もう!暴れん坊だなぁ!」

憂「う~…変な夢だったなぁ…」ウネウネ

唯「あ、うい起きたね。おはよ~」ウネウネ

憂「………」パタンキュー


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:43:14.69 ID:j06LpUnw0
唯「おお、玄関も直ってるね!」

紬「これが琴吹家の力よ!」

唯「うんうん、何から何までありがとねぇ」

紬「それじゃ、また明日~」ブロロロロロ…


憂「」

唯「うーん、ういったらまだ気絶してる」

唯「こういうヘビみたいなのは基本的に弱いからなぁ…」ウネウネ

憂「」

唯「……おちんちんの6倍かぁ…」

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:46:19.25 ID:j06LpUnw0
唯「ほーらほらほら、そっちじゃないよ~、こっちだよ~」

ウネウネウネウネ

唯「はいそこでジャーンプ!」

ビッターン!!

唯「だいぶ思い通りに動かせるようになりました!」

憂「」

唯「ういーおきろー」

憂「」

唯「おきないと、レイプしちゃうぞ~」

憂「」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:50:30.40 ID:j06LpUnw0
唯「う、ういが悪いんだからね!おきないとレイプするって言ったもんね!?」

ウネウネウネウネ

唯「おまんこ…いや、口とお尻も同時に入れちゃえ!」

ウネウネウネウネ

ウネウネウネウネウネウネウネウネウネ

唯「ええ!?わたしの触手がういの触手に押さえつけられてる!?」

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:52:52.69 ID:j06LpUnw0
ウネウネウネウネ

唯「ういの方が数が多いから私に向かってくるぅ!」

ウネウネウネウネ

唯「ういー!おきてー!たすけてー!」

憂「」

唯「や、やだぁ!!そんな…ああん!!!」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:57:40.41 ID:j06LpUnw0
唯「あっ!あっ!い、いやあ!!クリだめぇ!!」

ツプッ

唯「だ、だめぇ!?」

憂「うああっ!?」

憂「な、何いまの!?」

唯「ういー!たすけてー!」

憂「お姉ちゃん!?」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 19:59:33.90 ID:j06LpUnw0
憂「しょ、しょくしゅ…夢じゃなかったんだ…」

唯「はやく止めてよ~!」

憂「そ、そんなこと言われても…とまりなさい!」

ピタッ

唯「………」

憂「………」

唯「よかったぁ…」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:06:02.94 ID:j06LpUnw0
唯「いやー危なかったねぇ。ういが起きてくれてよかったよかった」

憂「いや、何だかすごい、体に電気がビリッって走ったような気がしたの」

唯「ふーん」

憂「こうして見ると…グロいね」

唯「グロいねぇ」

憂「これ、スカートの中に納まるのかな」

唯「納まらないかもねぇ」

憂「学校行けないよ」

唯「行けないねぇ」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:11:59.32 ID:j06LpUnw0
唯「こんなときは」

憂「便利な」


梓『いい加減にしてくださいよ』

唯「つれないなぁあずにゃん。あの夜の私達はあんなに愛を確かめ合ったじゃないのさ」

梓『妄想垂れ流すなら切りますよ』

唯「心にゆとりがないなぁあずにゃん。そんなんじゃ伊勢崎町に灯が灯らないぞ☆」

梓『おやすみなさい』

唯「は冗談として、ちょっと困ったことになったんだ~」

梓『また憂に無茶なことをしたんでしょう?」

唯「そんなことないよ~」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:15:05.32 ID:j06LpUnw0
梓『…え?』

唯「だ~か~ら~」

唯「触手がスカートに収まらなくて困ってます何とかならないでせうか」

梓『はい?』

唯「とにかく我が家においでませ」

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:21:22.99 ID:j06LpUnw0
ピンポーン

唯「はーいはいはいいらっしゃーいあずにゃん!」ウネウネ

梓「全く…触手だ何だって、そんな訳の分からないものがある…んですか!?」

憂「結構便利だよ。ほら」パタパタウィーンフキフキ

梓「はたきと掃除機と拭き掃除を一度にこなせるとは」

唯「こんなこともできるよ」

梓「マンガとお菓子とジュースをいっぺんに持てるぐらいで大きな顔をしないでください」

唯「ひどいこと言われました!」



404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:24:02.60 ID:j06LpUnw0
梓「…状況は飲み込めました」

唯「さすがあずにゃん!」

梓「解決方法もあります」

唯「あずにゃんすごい!やればできる子!」

憂「それで?その方法は?」

梓「紬先輩に言いなさいよ!!!」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:25:58.82 ID:j06LpUnw0
フロメシしてくる


408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:54:18.75 ID:j06LpUnw0
唯「わかってないなぁ」

憂「わかってないね」

梓「至極当然の答えだと思いますけど」

唯「あずにゃんに聞いたほうが面白いから、こうやってわざわざ呼んでるんだよ!?」

憂「使えないね」

唯「ポンコツだね」

梓「…もう怒る気力も失せましたよ」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 20:56:00.77 ID:j06LpUnw0
唯「あずにゃん帰っちゃった」

憂「そんなのどうでもいいよお姉ちゃん」

憂「ね…しよ?」

唯「うい…」

ウネウネウネウネ

ウネウネウネウネウネウネウネウネ

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:00:33.77 ID:j06LpUnw0
唯「ん…」

憂「ちゅ…」

憂「お姉ちゃん…」

唯「うん…きて、うい」

ウネウネウネウネウネウネウネウネ

唯「やっぱストップ」

憂「うぇ!?」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:04:14.38 ID:j06LpUnw0
憂「お、お姉ちゃん…やっぱり私じゃ嫌?」

唯「ち、ちがうよ!その…お姉ちゃんは初めてな訳です」

憂「うん」

唯「女の子の初めては、あとあと思い出してもキレイな初めてがいいのです」

憂「うん」

唯「だからぁ…初めては…ういのおちんちんがいいな、あ?」

憂「おねえちゃーん!!!」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:08:12.89 ID:j06LpUnw0
唯「ういのおちんちん、見せて…」

憂「うん!」

ドッカーン!

唯「こ、これは…すごいね」

憂「私も初めて見たけど…すごいイボイボしてるね」

唯「……うん、いいよ。きて…」

憂「……ゴクリ」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:11:35.28 ID:j06LpUnw0
ムニッ

憂「あ、あれ?」

唯「あん!…じらさないでよぉ」

憂「ご、ごめんね。ちょっと緊張して狙いが…」

唯「かわいいなぁ!もう!」

ウネウネウネ

憂「ひゃあ!触手のぬめぬめぇ!」

唯「ふふ…ほら、ここだようい」

ピトッ



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:15:22.48 ID:j06LpUnw0
憂「お、おねえちゃん…いくよ」

唯「うん…」

ズプゥッ

憂「は、ああ…す、すごい…」

唯「っうううう!!!」

憂「え?お、お姉ちゃん!?痛い!?」

唯「……!!」コクコク

憂「ご、ごめんね!今抜くから!」

唯「だ、だめっ!」ギュウウウ

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:22:21.49 ID:j06LpUnw0
憂「お姉ちゃん!無理しちゃダメだよ!」

唯「いいの!」

憂「いいって…お姉ちゃんが痛いのにできないよ!」

唯「いいの!…うい、お姉ちゃんがういにしたこと覚えてるでしょ?」

憂「そんなのどうでもいいよ!」

唯「よくないの!ういが痛くてお姉ちゃんが痛くないのは違うよ!絶対に違うよ!」

憂「おねえ、ちゃん」

唯「ういは優しい子だから、お姉ちゃんを殴るなんてできないだろうけど」

唯「せめて、初めてだけはういのしたいようにして、ね?」ニコッ



420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:27:19.69 ID:j06LpUnw0
憂「……うん」

唯「そんな顔しないの!お姉ちゃんはお姉ちゃんだからガマン強いんだから!」

憂「じゃあ…奥まで入れるよ」

唯「うん…」

ズズッ…

唯「―――っっっぅ!!!!!」

メリッ

憂「くっ…きつい…」

ヒャッホーイ!!!

唯「あがああああああ!!!」

憂「は、いったよ、おねえちゃん」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:32:02.03 ID:j06LpUnw0
唯「ハァッ!ハァッ!…入った?」

憂「うん…全部入ったよ」

唯「う、うい~…」ポロポロ

憂「お姉ちゃん!?痛いの!?」

唯「違うの…やっと、ういと、本当の意味で一つになれたんだなぁって…」

憂「……」

唯「こんなお姉ちゃんでごめんね」

憂「ばかぁ…」ポロポロ

憂「こんなお姉ちゃんだから、好きになったんだよ…分かってよ…」

唯「う、うえーん!!!ういー!!!」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:35:10.17 ID:j06LpUnw0
憂「よしよし…」

唯「ひっく…ひっく…」

憂「ほら、お姉ちゃん。泣き顔はお姉ちゃんには似合わないよ」

チュッ

唯「ん……え、えへへ」

憂「えへへ…」

唯「ね、うい…動いて」

憂「うん」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 21:41:55.26 ID:j06LpUnw0
ズポッズポッズポッ

唯「う、く、くぅ」

憂「あはぁ!な、何これえ!」

ズポズポズポ

唯「う、うい!ちょ、っとまって!」

憂「くっ!」

唯「はぁ…はぁ…」

憂「…やっぱりやめよ?」

唯「!?」

憂「お姉ちゃんが痛いの、嫌なの…」

唯「違うよ!ういの鈍感!」

憂「え?」

唯「そ、その…気持ちよくなってきたんだよぅ///」

434 名前:すまない、書いてたんだ[] 投稿日:2011/02/08(火) 22:30:18.21 ID:j06LpUnw0
唯「何て言うか、イボイボがゴリゴリして、痛いのは痛いんだけど」

唯「それ以上に気持ちいいの!」

憂「そ、そうなの?」

唯「だから続けて」

憂「う、うん」

ズポッグポッグポッ

唯「あひっ!あはっ!く、くるっ!くるっちゃうようい!」

憂「おっ、ねえ、ちゃ!わたしもっ!なにこれこんなのって!ああん!」

ウネウネウネウネウネ

ウネウネウネウネウネウネウネウネウネ

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 22:35:20.65 ID:j06LpUnw0
ズボッ

憂「あひいいいっ!?」

唯「うああっ!?こ、こら!やめなさい!」

ムニ

唯「へ?」

グニグニ

唯「うい!?そこお尻!」

憂「ら、らめぇ!!!とまりなさーい!」

ズルズルズル

グポッ!!!

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 22:41:37.43 ID:j06LpUnw0
唯「あぎぃっ!!!」

憂「きゃうう!!そんな奥までだめぇ!!!」

唯「ほおおお!?な、なにこれえ!!!」

憂「くっはあああ!!?そ、そこしきゅうううう!?」

唯「ういいいい!!だめぇ!!おちんちんずぽずぽしちゃだめぇ!!」

憂「おねえちゃんしきゅうぎりぐりしないでよぉ!!!」

唯「もっ!だめぇ!!死ぬぅ!!イクぅ!!」

憂「きゃはぁ!!!!おねえちゃん!わたしもイクよぉ!!」

唯憂「あああああ!!!!!!」


437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 22:45:52.88 ID:j06LpUnw0
唯「………ういー、生きてるー?」

憂「うん……」

唯「すごかったねぇ…」

憂「死ぬかと思ったね…」

ウネウネウネウネ

ウネウネウネウネウネウネウネウネ

唯「……まだまだ元気だね」

憂「そうだね…」

唯「よし、キミの名前はホセにしよう」

憂「ジョーといい、ホセといい、外人の名前ばかりだね」

唯「ういのおちんちんはマンモス君ね」

憂「もっとカッコいいのがいいなぁ…」

唯「うねうね君は青木君で」

憂「普通だね」

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 22:53:58.69 ID:j06LpUnw0
つぎのひ!

憂「おねえちゃーん!あさだよー!」トントントントン

唯「んあうー、あと3じかんー」

憂「起きてよー」トトトトトトトトトトトトトトトトトトトトン

唯「うわああ!?」

ガチャ

唯「な、何いまの騒音!」

憂「青木くんの連打だよ」

唯「むぅ~青木君中々やるなぁ」

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 22:59:02.66 ID:j06LpUnw0
唯「ごちそうさま~」

憂「はいお粗末さま」

唯「さて、学校いく準備しないと…」ウネウネ

唯「……ういー」

憂「なぁに?」

唯「ホセ君がじっとしてません」ウネウネ

憂「ホセ君、めっ」

ウネウネ

唯「困ったね」

憂「困ったね」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:01:45.02 ID:j06LpUnw0
唯「と、言う訳です」

さわこ『はいお大事に』

憂「またサボっちゃったね」

唯「人には休暇が必要なのだようい君」

憂「物は言いようだね」

唯「さて、どうしよう」

憂「困ったときには」

唯「あれだね」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:03:51.20 ID:j06LpUnw0
ピポピポピポピポピンポーン!

梓「せ、先輩!?唯先輩!?」ドンドンドンドン!

唯「おお、早いねあずにゃん」

梓「憂は!?憂は大丈夫なんですか!?」

憂「あ、梓ちゃんおはよ~」

梓「おはよ……って、憂?」

憂「どうしたの?」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:04:39.65 ID:j06LpUnw0
梓「え?え?え?先輩からメールで…」

『あずにゃん助けて!ういが!ういがぁ!!』

梓「って送ってきたから…」

唯「うん、確かに送ったねぇ」

梓「憂、ピンピンしてるじゃないですか」

唯「してるねぇ」

梓「…何だったんですか?」

唯「いや、ういが焼きそば作ってるぅ~!!!って」

憂「しょうゆで味付けしてみたの。梓ちゃんも食べる?」

梓「」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:05:22.16 ID:j06LpUnw0
唯「何でそんなに怒るのかなぁ」

梓「怒らないと思う理由が知りたいですよ!」

憂「梓ちゃん、イライラはお肌の敵だよ」

梓「させてるのはどこの誰でしょうね?」

唯「そんなのどうでもいいからさ。ホセ君と青木君の処遇をば」

梓「…沸々と湧き上がるこのドス黒い感情を抑えるのが先です」

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:06:36.02 ID:j06LpUnw0
唯「ええ~」

梓「昨日も言いましたように、私じゃ何とも出来ません。紬先輩に聞いてきます」

唯「あずにゃん」

梓「何ですか」

唯「ありがとう」

梓「はいはいポンコツでごめんなさい、って、え?」

唯「被害妄想?」

梓「誰のせいですか!」

唯「全くおこりんぼさんだなぁ、あずにゃんは」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:07:50.06 ID:j06LpUnw0
唯「帰っちゃった」

憂「おこりんぼさんだね」

唯「お礼を言ってるのにね」

唯「これからどうしようか」

憂「私はお掃除とお洗濯するよ」

唯「じゃあお姉ちゃんはホセ君と戯れよう」

唯「あまりお部屋を汚さないでね」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:08:30.67 ID:j06LpUnw0
ほうかご!

梓「あ、紬先輩!」

紬「あら、梓ちゃん」

梓「ちょうどよかったです。唯先輩のことで…」

紬「そういえば今日は見てないわね」

梓「ええ、実は…」


紬「……ああ!」

梓「そういうことですので、何とかしてもらえませんか」

紬「何ともならないわ」

梓「え?」

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 23:11:02.99 ID:j06LpUnw0
紬「触手のサイズを間違ったわ」

梓「そ、そんな!じゃあどうするんですか!」

紬「取るしかないわね」

梓「あ、そんな簡単に取れるんですか」

紬「とりあえず行ってみましょう」

474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 09:21:37.93 ID:NGBDaWzlO
んだよ組合総会の資料作れとかふざけんな
投下ペースかなり落ちるけど勘弁

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 09:39:16.80 ID:NGBDaWzlO
憂「~♪」

ウネウネパタパタフキフキ

憂「ん~!お掃除おわり!」

ピンポ-ン

憂「梓ちゃんかな?」

憂「は~い」

ガチャ

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 10:12:08.14 ID:NGBDaWzlO
梓「………何度見てもシュールな光景だなぁ」

紬「こんにちは憂ちゃん」

憂「こんにちは~」

梓「それで憂、その触手なんだけど」

憂「青木君」

梓「は?」

憂「青木君って呼んで」

梓「……その青木君なんだけど」

紬「唯ちゃんは?」

憂「お姉ちゃんなら自分の部屋にいますよ」

紬「お邪魔していいかしら?」

憂「あ、ごめんなさい!どうぞどうぞ」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 10:43:22.26 ID:NGBDaWzlO
憂「お姉ちゃん」トントン

梓「……寝てるのかな」

憂「どうかなぁ…ホセ君と戯れるって言ってたけど」

ガチャ

唯「んぐぅ……」

ジュポズポウネウネズポグポシュルシュル

梓「うわぁ!?」

紬「唯ちゃん!?」

憂「お姉ちゃん!?」

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:02:02.33 ID:NGBDaWzlO
憂「お部屋汚さないでって言ったでしょ!」

梓「そこ問題じゃないよ!?」

紬「やめなさい唯ちゃん!妊娠しちゃうわ!!」

唯憂梓「!?」

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:07:02.28 ID:NGBDaWzlO
梓「妊娠って、この一面に散らばってるこの白いの、精子なんですか!?」

紬「ええ、詳しい説明は省くけど、唯ちゃんの体内で作られた、繁殖能力を持った、きちんとした精子よ」

唯「や、やだよそんなの!私が産むのはういの子供だけだもん!!」

憂「お姉ちゃん…」キュン

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:14:23.74 ID:NGBDaWzlO
紬「排卵期じゃなければ大丈夫だけど…」

唯「そうなの?よかったぁ…」

梓「でも……本当に精子なんですか?いくら何でも信じられませんよ…」

紬「あら?琴吹の力をなめてるのね」

紬「唯ちゃん、アーン」

唯「アーン」

ポイッ

唯「んを?」ゴックン

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:20:38.17 ID:NGBDaWzlO
紬「例えば、今唯ちゃんに飲んでもらった薬なんだけど」

唯「あ…れ…?」

紬「3日はサルみたいにセックスの事しか考えられなくなる媚薬なの」

唯「あ、あつぅい…体があついよぉ…」

紬「ただ、副作用で排卵も始まっちゃうのよね~」

梓「ダメじゃないですか!!!」

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:25:39.76 ID:NGBDaWzlO
唯「あ…ぅ…お…まん…こ…」

ウネウネウネウネ

憂「お姉ちゃんダメぇ!!!」

ウネウネウネウネウネウネウネウネ

唯「やだぁ!!!おまんこ!!!おまんこぉ!!!」

梓「ど、どうするんですか!?余計ややこしくなったじゃないですか!!」

紬「………梓ちゃん」

梓「はい!」

紬「逃げるわよ!!」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:30:53.13 ID:NGBDaWzlO
ニュルン!

梓「わっ!?」

紬「きゃ!?」

憂「お姉ちゃんを何とかしてください!!」

唯「おまんこおまんこおまんこおまんこおまんこぉ!!!!!!!」

梓「ムギ先輩何とかしてくださいよぉ!!!」

紬「そ、そんなこと言われても解毒薬なんてないのよぉ!!!」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:34:23.92 ID:NGBDaWzlO
憂「じゃあ梓ちゃんも先輩も手伝って下さい!」

梓「絶対に嫌だよ!」

紬「そうだ!」

紬「憂ちゃん!アーン!」ポイッ

憂「へ?」パクッ



489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:37:39.31 ID:NGBDaWzlO
憂「あ、ら?…う、ああ…!!?」

シュルン

梓「憂!?」

紬「何してるの梓ちゃん!今の内に逃げるのよ!!」

梓「っ!?お、お邪魔しましたぁ!!」

紬「死なないでねぇ!」

バタバタ

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:45:10.86 ID:NGBDaWzlO
唯「あああああ!!!おまんこぉ!!うい!!たすけてぇ!!!」

憂「お…ね…ちゃ…」

ウネウネウネウネウネ

ウネウネウネウネウネウネウネウネウネ

ズポンッズポンググッポン!!!

唯憂「んぐぅー!!!!!」

ドプドピュドバドバドビシュウウウッ!!!!!!!!!!!!!

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:49:13.21 ID:NGBDaWzlO
みっかご!

律「全く、梓がいながら何やってんだよ!」

梓「はぅ…」

紬「反省してます…」

澪「想像しただけでうんざりするな」

律「しょうがないだろ」

澪「無事だといいけど…」

499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 15:47:58.67 ID:NGBDaWzlO
律「うわーピンポン押したくねー」

澪「仕方ないだろう。押すぞ」

ピンポ-ン

梓「……予想通りに反応がないですね」

律「電話出るかな…」

プルルルル



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 15:55:17.28 ID:NGBDaWzlO
プッ

唯『ぁ………りっ……ちゃん………』

律「唯!?生きてたか!?」

唯『ぁ…ぃ………』

律「限界だぞあいつら!」

梓「どりゃあ!!!!」

ドガッシャ-ン!!!

澪「何で昇龍拳なんだよ…」

511 名前:帰宅[] 投稿日:2011/02/09(水) 18:42:21.00 ID:TWmCFtMP0
律「お~い、唯~」

梓「憂~」

澪「返事はないな」

紬「たぶん2階…唯ちゃんの部屋でしょうね。あの薬を飲んだら動く気になれないもの」

律「飲んだことがあるような口ぶりだな、ムギ」



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 18:43:56.84 ID:TWmCFtMP0
梓「うっ…」

律「何だこの臭い…」

澪「生臭い…」

紬「精子が発酵しだしてるんだわ…」

律「発酵するものなのか?」

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 18:47:48.55 ID:TWmCFtMP0
唯「ぅ…ぃ…」

憂「ぁ…」

律「!?い、今の声!」

梓「唯先輩と憂の声です!」

澪「行くぞ!」



515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 18:51:30.12 ID:TWmCFtMP0
ダダダッ!

律「唯!憂ちゃん!」

澪「無事か!?」

律澪梓紬「うっ!?」

ネバネバドローン

律「な、何だ…?」

澪「しろ、い」

紬「蛹…?」

梓「いえ、繭っぽいです…」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 18:54:18.44 ID:TWmCFtMP0
律「おい唯!大丈夫か!?」

唯「り…ちゃ…」

澪「あの繭の中から聞こえる!」

梓「ムギ先輩なんとかしてくださいよ!」

紬「嫌よ!こんなおぞましい部屋に足を踏み入れるなんて出来ないわ!」

律「原因はお前だろうが!」

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 18:57:17.24 ID:TWmCFtMP0
梓「くそー、何で私がこんな目に…」

澪「仕方ないだろ、ムギが一歩入った途端に気を失ったんだから!」

律「これだからお嬢様ってのは…」

憂「た…すけ…て…」

梓「憂!今行くからね!」



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:02:42.72 ID:TWmCFtMP0
梓「うぇ…私も吐きそう…」

唯「あずにゃん…」

梓「唯先輩!もう少しですからね!」

梓「こ、この繭を破れば…」

ニチャァ…

梓「うわっマジキモっ!」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:06:13.73 ID:TWmCFtMP0
律「早くしろよ!」

梓「分かってますよ!…見てるだけなら言いたい放題だなぁもう!…」

ズッ…

梓「唯先輩…」

グググッ…

梓「憂…」

メリメリメリメリメリィッ!!

梓「もう大丈夫だよ!」

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:11:16.39 ID:TWmCFtMP0
ズルン!
ドサッドサッ

梓「唯先輩!憂!」

澪「唯!」

律「唯!」

ダダダッ

律「梓、二人は大丈夫か!」

梓「ちょっと待って…大丈夫、呼吸は弱いけどしっかりしてます!」

澪「救急車を!」

梓「待って下さい!」

澪「バカ!見た目が大丈夫そうでも実は危ないって事もあるんだぞ!」

梓「こんな惨状を他人に見せたら先輩達、ここに住めなくなりますよ!」

澪「じゃあどうしろと言うんだ!」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:17:13.07 ID:TWmCFtMP0
ザッザッザッ

梓「ムギ先輩!いい加減に起きて下さい!」フミッ!

紬「むぎゅ!…い、痛いわ…」

梓「そうですか、どうでもいいです。先輩なら誰にも見られずに先輩達を運ぶ事が出来ますよね?」

紬「

梓「出来ないとは言わせないです」

紬「出来ないなんて言ってないでしょ!」ピポパピポパポ

紬「……もしもし。ええ、私です。ええ、極秘裏に行って欲しい事が…ええ…」

524 名前:えぴろーぐ[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:20:45.86 ID:TWmCFtMP0
にかげつご!

律「唯~、憂ちゃ~ん」

唯「あ…りっちゃんにあずにゃん…」

憂「」

律「よう、だいぶ回復したな」

梓「顔色がよくなりましたね」


525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:23:21.36 ID:TWmCFtMP0
唯「うん…」

律「…憂ちゃんは…まだ意識が…戻らないのか?」

唯「……」ポロリ

梓「だ、大丈夫ですよ!ほら、こんなに顔色が良くなったんですもん!すぐに起きますって!」

唯「………」

律「唯…」

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:27:50.19 ID:TWmCFtMP0
唯「私が悪いんだ…私がういに中出しなんてスレを開かなきゃ、レイプしなきゃよかったんだ!」

唯「ういにおちんちんつけたのも!触手をつけたのも!みんな私が悪いんだ!」

梓「そんなこと!」

唯「うわーーん!!!!!私なんか!私なんか死んじゃえばいいんだ!ういがこのままなんて!生きてる意味ないよお!!!!!」

律「唯!!!」

パチン!

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:30:59.84 ID:TWmCFtMP0
律「バカな事を言うな!唯だけのせいじゃない!」

唯「そんなことないもん!」

律「聞け唯!そりゃお前のやったことは許されないさ!犯罪だ、極悪人だよお前は」

律「でもな、それで憂ちゃんがお前を許さなかった事実があったのか?」

律「なかったはずだ。そうだよな、憂ちゃんが何よりすきなお前のしたことだ」

律「お前になら殺されても笑って許したんだろうよ」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:34:07.13 ID:TWmCFtMP0
律「そのお前がそんな泣き言を言うのか?言えるのか?」

唯「………」

律「言えないよな?憂ちゃんをこのまま廃人にして死ぬなんて言わないよな?」

唯「………」

律「ほら、憂ちゃんの手を握ってやれよ。抱きしめてやれよ!」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 19:37:30.85 ID:TWmCFtMP0
唯「……うい」ギュ

唯「ごめ、んね。うい…ごめ…おね…ちゃ…ばか、で…ごめ…」

律「……」

梓「……」

唯「うい…だいすき…も、…う…はなさない…うぅ…うっ…ひっく…」

律「梓、ちょっと出ようか…」

梓「はい…」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 20:32:30.89 ID:TWmCFtMP0
唯「ひっく…ねぇ、うい…おねえ、ちゃん…ひっく…ダメなおねえちゃんだけっど…」

唯「だ…いすき…だよ…」

唯「だいすき!…だいすきだよ!…だい、すき…うえええええん!!!!!!!!」

ギュ

唯「!?」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 20:38:52.58 ID:TWmCFtMP0
唯「うい!?うい!?」

憂「お…ね………な……で」

唯「ういーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ギュウ!!!

唯「うい!うい!大好きだよ!愛してる!」

憂「………」キュッ…

律「唯?なんか言ったか…って、憂ちゃん!?」

梓「憂!!!」

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 20:47:34.38 ID:TWmCFtMP0
憂「なか、ないで、おね……ちゃん」

唯「うい!」

梓「ナースコールを!」

律「もう押してる!」

憂「えへ…おねえ、ちゃん…だい…すきだ…よ…」

唯「――――っっっ!!!!!!!!」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 20:56:04.33 ID:TWmCFtMP0
医者「はい、検査は終了です。お疲れ様でした」

憂「あ、はい…ありがとうございました」

医者「はい、お大事に」


唯「あ、ういー!」

憂「お待たせ、お姉ちゃん」

憂「あら?」ヨロヨロ

唯「うい!ダメだよ無理しちゃ!」パタパタ

憂「お、お姉ちゃんも走っちゃダメー!!!」

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 20:58:53.19 ID:TWmCFtMP0
澪「あ、あぶないなぁ…唯ったら、もう!」

律「ははは…まぁ、あれだけの状態だったんだ。無事に回復してよかったじゃないか」

澪「無事と言えるのか?」

紬「大丈夫よ、唯ちゃんと憂ちゃんなら」

澪「しかしまだ高校生だぞ。しかも姉妹だ、その二人が子供を…授かるなんてなぁ…」

律「まぁ、何かあった時はここにいる誰かさんが支援してくれるんだろうよ」

紬「そんなにトゲのある言い方しなくてもいいじゃない!」

澪「仕方ないな、それだけのことをしたんだ」

紬「はぁい…」


唯「みんなー!」ブンブン!


律「ああ、今行くよ!…ほら、行こうぜ」

澪「ああ」

紬「唯ちゃん!そんなにぶんぶん手を振っちゃダメよぉ!」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 21:00:57.58 ID:TWmCFtMP0
梓「よかったね、憂。よかったですね、唯先輩」

梓「……しかし、あれだけ頑張ったのに」

梓「いいとこ全部律先輩達に取られるなんて…」

梓「これでは道化だよ…」

orz


おわり!

スポンサーサイト

2011-02-09 : SS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

オススメ商品

お世話になってるサイト様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。