狙ったスレは逃さないのです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

妹「お兄ちゃんのパソコン貸して」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 12:21:06.91 ID:MDVJDH/D0
俺「何で?」

妹「いいから、ね? 大事な用事なの」

俺「この前父さんに専用の買ってもらっただろ」

妹「いじわるしない」

俺「いじわるでも何でもない」

妹「とにかく借りるから」

俺「勝手に持っていくな!」

妹「すぐ返すから―」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 12:28:32.89 ID:MDVJDH/D0
妹「えっと・・・ここかな?」

妹「あ、あった! お兄ちゃんたらこんなにいっぱい溜めて」

妹「あたしというかわいい妹がいるのに」

妹「どうして保存するかな? エロ動画」

妹「今から全部消してやるんだから」

妹「ゴミ箱へぽ―い! そしてゴミ箱を空にする、っと」

妹「は―・・・いい仕事した。これですっきり」

妹「やったねお兄ちゃん! 空き容量が増えるよ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 12:55:09.54 ID:MDVJDH/D0
妹「入るよー」

俺「ノックぐらいしろ」

妹「いいじゃん。やましいことでもあるの?」

俺「特にないけど・・・」

妹「あ、パソコンありがとう」

俺「何した?」

妹「何もしていません」

俺「いや、絶対変わってないことがない」

妹「あたしを信じて?」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:13:53.65 ID:MDVJDH/D0
俺「その目は信じられない」

妹「ひどい」

俺「全てが怪しい」

妹「もう、あたし当然のことをしたまでなんだから」

俺「当然のこと?」

妹「そう。逆に感謝してもらわないとね」

俺「何となく見当は・・・」

妹「じゃ、じゃあね!」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:27:34.20 ID:MDVJDH/D0
俺「あ―・・・きっと見たんだろうな」

俺「やっぱりか。消されてる」

俺「そんなこともあろうかと・・・USBに入れておいたんだけど」

俺「消されても困ることなんてひとつもない」

俺「あいつはもう見られなくなったって喜んでるんだろうな」

俺「まあ、一応話をあわせておくか」

俺「消されて悲しんでるふりすればいいだろ」

俺「ぎゃ――ないないない!くぁwせdrftgyふじこlp」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:33:07.80 ID:MDVJDH/D0
妹「叫び声が聞こえる・・・」

妹「お兄ちゃん気付いたみたい! やったあ大成功」

妹「あたし以外の女に興奮するなんて許さないんだからね」

妹「お兄ちゃんはあたしだけ見ていればいいの」

――――

俺「足音が聞こえる・・・」

俺「悲しんでることに気付いたみたいだ。成功したか?」

俺「全く面倒なやつ・・・それくらい許せって」

俺「お前だけ見てるわけにはいかないんだよ・・・」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:37:16.65 ID:MDVJDH/D0
俺「入るぞ」

妹「ちょ・・・何で入るの?!」

俺「お前だって俺の部屋に勝手に入るだろ」

妹「お、女のこの部屋にずかずかとあがりこむなんて・・・」

俺「パソコン貸せ」

妹「え、やだ」

俺「すぐ返すから」

妹「やめてぇ持っていかないで!」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:41:07.26 ID:MDVJDH/D0
俺「部屋の鍵掛けて・・・」

俺「パソコンは最近買ったばっかりだし変なのないか」

俺「デジカメで撮った写真に、自分で描いた絵、取り込んだ音楽」

俺「ま―こんなもん?」

俺「・・・じゃ、一仕事しますか」

俺「お前が消したはずの秘蔵エロ動画入れてやる」

俺「壁紙も貧窮黒髪セーラー美少女の2次画像に変えて」

俺「完了」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:48:09.39 ID:MDVJDH/D0
俺「入る」

妹「何したの?」

俺「返す。見てみればわかるよ」

妹「もう・・・ってちょっとこの壁紙!!」

俺「気に入った?」

妹「ばかぁ!!」

俺「仕返ししたまで」

妹「ひどいひどいひどい!」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 13:54:07.10 ID:MDVJDH/D0
俺「お前の方がひどいことしただろ」

妹「だって・・・」

俺「年頃の男の気持ちも知らないで」

妹「お兄ちゃんこそ・・・」

俺「何?」

妹「あたしの気持ちも知らないで」

俺「あの日のこと?」

妹「・・・後悔してるの?」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:03:05.30 ID:MDVJDH/D0
俺「いや」

妹「その反応は後悔してる感じがする」

俺「よかったのかなって」

妹「そうなんだ・・・」

俺「いや、もちろん・・・」

妹「もういい。出てって」

俺「ごめん」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:12:32.92 ID:MDVJDH/D0
妹「はあ・・・あの日からお兄ちゃん変だって思ってたけど」

妹「よかったのかどうか悩んでたんだ」

妹「お兄ちゃんとあたし、今は普通のきょうだいみたいになっちゃってる」

妹「あれでハッピーエンドじゃなかった」

――――

俺「悪いこと言ったな。悲しそうな顔してたし」

俺「あんな表情を見るとやるせなくなる」

俺「はあ、どうしたらいいんだ」

俺「・・・俺だって苦しいんだよ」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:17:18.53 ID:MDVJDH/D0
―次の日―

妹「・・・はよ」

俺「昨日はごめん」

妹「え?」

俺「傷つけたよな」

妹「別に?」

俺「そうか・・・」

妹「何で納得するの?」

俺「え・・・?」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:23:26.13 ID:MDVJDH/D0
妹「もう少し心配してくれてもいいでしょ?」

俺「そうか、ごめん」

妹「まあ、もうどうでもいいんだけど」

俺「どうでもいいって何だ」

妹「どうでもいいっていったらいいの!」

俺「怒るなよ」

妹「怒ってない!」

俺「怒ってるって」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:27:02.16 ID:MDVJDH/D0
妹「あ―もうばか!」

俺「ばかって言ったやつがばか」

妹「いらいらする・・・朝から何なの?!」

俺「お前がひとりでいらいらしてるだけじゃん」

妹「お兄ちゃんが悪いんだから」

俺「俺? 人のせいにする?」

妹「お兄ちゃんなんか知らない! もう学校行く」

俺「さすがに言い過ぎたか・・・」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:30:08.52 ID:MDVJDH/D0
妹「あ―いらいらするぅ」

妹「朝からこんな気分になるなんて最低」

妹「お兄ちゃんのばか――!!」


妹「何で・・・わかってくれないの」

妹友「おはよって・・・怖い顔してるぞ」

妹「別に」

妹友「何かあった?」

妹「あったとしても言いません」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:32:42.61 ID:MDVJDH/D0
妹友「あたしはかわいい妹ちゃんが好きなのに」

妹「どうせあたしはかわいくありませんよ」

妹友「そういうところがなければなぁ・・・」

妹「悪かったわね!」

妹友「よしよし・・・強がってるの?」

妹「触らないで!」

妹友「素直じゃないな」

妹「あたし先に行く」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:36:52.20 ID:MDVJDH/D0
妹友「行っちゃった・・・」

妹友「あのこは怒ってると足が速くなるのよね」

妹友「お兄ちゃんとうまくいってないって言ってたし、不満が爆発したのかな」

妹友「素直になればかわいいのにね」

妹友「あ、いっそあたしのものにならないかなぁ」

妹友「そしたら悲しませるようなことは絶対にしないのにな」

妹友「あ、進むの早い。今日は服装検査があるのに、あのこスカート短くしてた!」

妹友「ちょっと―妹待って~」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:46:22.38 ID:MDVJDH/D0
妹友「やっと追いついた・・・スカート・・・降ろしなさい・・・」

妹「今日校門に先生いるんだっけ」

妹友「あたしが来て・・・よかったでしょ・・・?」

妹「別に怒られるだけで済むんだから別に問題ないよ」

妹友「生徒手帳に・・・書かれるよ・・・」

妹「別に? あたし推薦なんか狙ってないし」

妹友「・・・あたしって・・・迷惑?」

妹「そこまで」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:50:53.12 ID:MDVJDH/D0
俺「妹怒ってたよな・・・」

俺友「元気ないじゃん」

俺「合コン? 行かないから」

俺友「そんなこと言ってない」

俺「じゃあ何だよ」

俺友「最近俺彼女できたんだ」

俺「へ―彼女・・・ておま、本当か?」

俺友「嘘ついてどうする」




>>11
貧窮→貧乳

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 14:59:34.00 ID:MDVJDH/D0
俺「うわ・・・まじかよ」

俺友「写メ見る? 右にいるこ」

俺「え、普通にかわいい」

俺友「だろ?」

俺「どこで知り合った?」

俺友「紹介かな」

俺「お前に先こされるとは」

俺友「せいぜいがんばれよ童貞君」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:04:24.28 ID:MDVJDH/D0
俺「言っておくが俺は童貞じゃない」

俺友「え? いつの間に?」

俺「まあ、な」

俺友「どういうことだよ」

俺「人生にはいろいろあるさ」

俺友「誰と?」

俺「言えない」

俺友「それ本当か?」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:11:40.49 ID:MDVJDH/D0
俺「嘘をついてどうする」

俺友「見栄張るなよ」

俺「張ってねえよ」

俺友「謎が多すぎる」

俺「信じるか信じないかは・・・」

先生「早く席に着け―」

俺友「またあとで」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:18:34.15 ID:MDVJDH/D0
妹友「ごはん一緒に食べよ」

妹「しょうがない」

妹友「かわいくないなあ」

妹「もう黙って」

妹友「今日のお弁当は何かな―」

妹「ハンバーグいただき」

妹友「あ、早ッ」

妹「今は色気より食い気なの」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:26:08.86 ID:MDVJDH/D0
妹友「で、何があったの?」

妹「別に」

妹友「あたしたち親友でしょ? 秘密にするの?」

妹「するよ」

妹友「え、ひどい」

妹「あたしは、何でもべらべらしゃべるような人間じゃないの」

妹友「む―」

妹「ほっぺふくらませてもかわいくない」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:34:59.98 ID:MDVJDH/D0
妹友「いつも思うんだけど、ひとりで抱え込みすぎじゃない?」

妹「当然のこと」

妹友「それはそうかもしれないけど・・・」

妹「あたしの問題はあたししか解決できないから」

妹友「あたしを頼ってくれてもいいんだよ?」

妹「気持ちだけ受け取っておく」

妹友「気持ちだけとは言わずに・・・」

妹「あたしは大丈夫だから、心配しないで」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:39:47.83 ID:MDVJDH/D0
俺「さっきの続きは?」

俺友「お前が先だろ」

俺「そんなこといいよ。早く」

俺友「紹介してもらって、2回くらい一緒に出かけて・・・それで」

俺「それで?」

俺友「向こうから好きって言ってきた」

俺「は―・・・何そのうまい話」

俺友「世の中捨てたもんじゃないな」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:45:41.71 ID:MDVJDH/D0
俺「宗教の勧誘にあうか、壷でも売られろ」

俺友「素直に喜べないのか、お前は」

俺「喜べるか」

俺友「今日も学校終わったらデートなんだ」

俺「へえ」

俺友「ついてくんなよ」

俺「誰が行くか」

俺友「お前ならやりかねないじゃん?」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:48:10.12 ID:MDVJDH/D0
妹友「さ、帰ろ」

妹「あたし用事あるから」

妹友「え、そんなわけないでしょ? 帰宅部なのに」

妹「あたし、妹友とは違うの」

妹友「違うって何? 差別? 偏見?」

妹「だって今帰ったらお兄ちゃんとすれ違うかもしれないし・・・」

妹友「な―んだ、そういうことか」

妹「あ、あたしにとっては大事なことなんだから!」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:54:24.19 ID:MDVJDH/D0
妹友「付き合うよ」

妹「帰り遅くなるし・・・構わないで」

妹友「構う」

妹「・・・しょうがない」

妹友「ありがとうって言えないの?」

妹「ありがたくなんかない」

妹友「まあ、それでこそ妹かな」

妹「何それ・・・あたしってどういう捉え方をされてるの?」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 15:57:54.59 ID:MDVJDH/D0
妹友「何するー?」

妹「考えて」

妹友「あたしが?」

妹「もちろん。付き合うって言ったのそっちでしょ」

妹友「鬼・・・ごっこ?」

妹「二人でしたって面白くない。却下」

妹友「わがままなんだから」

妹「かわいくないって言うんでしょ?」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:01:43.88 ID:MDVJDH/D0
妹友「じゃあ・・・いつもと帰る道を変えて家来る?」

妹「え、それは悪い」

妹友「構わないで?」

妹「構います」

妹友「あたしがいいって言ってるんだからいいの」

妹「それじゃあ・・・」

妹友「Be my guest!」

妹「DUOか」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:13:15.53 ID:MDVJDH/D0
妹友「久々だね、家来るの」

妹「確かに」

妹友「ね、覚えてる? 前泊まりに来た時、夜中なのにお兄ちゃん呼び出したこと」

妹「いっつもその話するよね」

妹友「だってあまりにもほほえましかったから」

妹「それと同時に嫉妬するんでしょ?」

妹友「わかってらっしゃる」

妹「言っておくけど、前回パンツ触ったの知ってるんだからね」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:18:19.23 ID:MDVJDH/D0
妹友「え、嘘・・・」

妹「だって妹友しかいないでしょ」

妹友「ごめんなさい」

妹「素直に認めた」

妹友「だって、ね、どんな柄かなって・・・」

妹「年頃の男のこか」

妹友「もう二度としません」

妹「・・・ふふふ」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:24:36.12 ID:MDVJDH/D0
妹友「やっと笑った」

妹「嘲笑しただけだもん」

妹友「朝からずっと機嫌悪そうだったから」

妹「生きていればいろいろありますよ、それは」

妹友「早くも悟り?」

妹「あ、おかし買ってこ」

妹友「今は食い気だもんね」

妹「スイーツがなければガールズトークはできぬ、かな」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:29:08.46 ID:MDVJDH/D0
俺「・・・結局俺は跡つけてんのかよ」

俺「だって気になるだろ、普通」

俺「ついてくるなは、ついてこいってことだってあいつは言ってた気がする」

俺「どこだ・・・あ、あれか」

俺「なんか初々しいな。ぎこちない」

俺「あいつ手繋ごうとしてる・・・が、やめた! あとちょっとだったのに」

俺「女のこかばん持ち替えて手繋ぎたがってるのに気付いてないのかよ」

俺「って何実況してるんだ、俺。情けない」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:34:44.36 ID:MDVJDH/D0
俺「帰るか・・・」

俺「あいつ今ごろ何してるかな」

俺「普通デートって何するんだ? ファストフードとかカラオケ?」

俺「自転車二人乗りにしたり、川原で夢を語り合ったり・・・青春だ」

俺「男『俺、東京の大学行くんだ』女『離れ離れになっちゃうね・・・』」

俺「男『遠距離だけど、がんばろう。俺たちなら大丈夫』女『男くん・・・///』」

俺「何妄想してんだ、気持ち悪い」

俺「溜まってんのかな」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:44:07.37 ID:MDVJDH/D0
俺「ただいま―ってどうせ誰もいないけど」

俺「あ―疲れた疲れた・・・」

俺「カラオケでキャッキャウフフ」

俺「妄想すんな俺!」

俺「妹・・・これからどうすればいいんだ」

俺「実は血が繋がってないとか、そんな設定ないのかよ・・・」

俺「前にもそんなこと考えてたような」

俺「進歩してねえ・・・」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:51:42.61 ID:MDVJDH/D0
妹友「ただいま」

妹友母「おかえり。あら、妹ちゃんも一緒なのね」

妹「お邪魔します」

妹友母「ゆっくりしていって」

妹友「早く部屋行こ」

妹「う、うん」

妹友「善は急がないと」

妹「別に善でも何でもないけど・・・」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:59:10.80 ID:MDVJDH/D0
妹友「さ、話して」

妹「雰囲気ってものがあるでしょ?」

妹友「前は自分から話してたっていうのに。妹変わったね」

妹「それは変わるよ。時間が経ってるんだもん」

妹友「あたしの気持ちは変わってないよ?」

妹「はいはい」

妹友「軽くあしらわれた・・・」

妹「・・・本当にあたし変わった?」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:04:25.69 ID:MDVJDH/D0
妹友「うん。かわいげがなくなった」

妹「元からかわいくないもん」

妹友「そうじゃなくて。なんて言うかね、とげとげしてる」

妹「前は?」

妹友「丸かったよ。ほわ―んとして、不安定で」

妹「へ―そうなんだ」

妹友「それもこれも・・・お兄ちゃんに関係あるんでしょ?」

妹「ち、ちが・・・」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:12:26.42 ID:MDVJDH/D0
妹友「そう? 間違ってないと思うけど」

妹「う・・・ひっく・・・」

妹友「胸貸してあげる」

妹「だって・・・お兄ちゃん・・・何も・・・」

妹友「うんうん、辛かったね」

妹「好きだって・・・言ってくれたのに・・・それから・・・」

妹友「それ初耳。いつの間に・・・」

妹「触ってもくれなくて・・・何もなかったみたいに・・・」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:20:06.88 ID:MDVJDH/D0
妹友「そんなに進んでたの?」

妹「真剣に聞いてる?」

妹友「興味のほうが強い」

妹「うん、妹友らしいというか・・・」

妹友「実際どこまでしたの?」

妹「最後」

妹友「さ、最後・・・?」

妹「そう。でもそれからお兄ちゃんよそよそしいの」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:23:18.64 ID:MDVJDH/D0
妹友「え、何それ・・・本当?」

妹「もちろん・・・」

妹友「ちょ・・・頭が・・・」

妹「引いてる?」

妹友「引いてはいないけど」

妹「普通はしたらいけないことだもんね」

妹友「それも少なからずあるけど・・・」

妹「じゃあ何?」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:26:15.65 ID:MDVJDH/D0
妹友「胸のあたりが苦しいかな」

妹「嫉妬してる?」

妹友「そう言えなくもない」

妹「ちょっと嬉しい」

妹友「嬉しいことなんかないよー」

妹「妹友ってあたしのこと狙ってんの?」

妹友「まあ、ね」

妹「ずっと前から思ってたんだけど、それ本気なの?」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:39:49.98 ID:MDVJDH/D0
妹友「あたしが自分の気持ちを偽るとでも?」

妹「うん」

妹友「ひどい・・・」

妹「冗談だよね」

妹友「ここで襲ってもいいんだよ?」

妹「わかってるから。無理しなくていいって」

妹友「わかってないよ・・・」

妹「え?」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:45:00.31 ID:MDVJDH/D0
妹友「あたしは・・・ずっと好きだったよ」

妹「友達として」

妹友「違う」

妹「じゃあ、親友として?」

妹友「まあ、無理だってこともわかってるんだけどね」

妹「何がなにやら」

妹友「胸貸して・・・」

妹「純粋な意味で」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:48:07.71 ID:MDVJDH/D0
妹友「・・・・・・」

妹「声出さないんだ」

妹友「泣いてるのが親にわからないように・・・いつの間にか」

妹「すごくいいこにしてるんだもんね」

妹友「知ってた?」

妹「ずっと前から知ってる。だってあたしたち親友でしょ?」

妹友「ひっく・・・ぐす・・・」

妹「あたしの前では素でいてくれていいんだよ」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:50:40.96 ID:MDVJDH/D0
妹友「どっちが悩み相談するかわかんなくなっちゃったね」

妹「支えあってこそ友達」

妹友「あたし、いつも一方的に妹を振り回してるのかと思ってた」

妹「そう?」

妹友「だって妹はいつも冷たいから。すぐ否定されるし」

妹「あたしこんな性格だから・・・ごめんね」

妹友「今日はすごく収穫があったよ。親友だって言ってくれた」

妹「当然でしょ」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:54:51.57 ID:MDVJDH/D0
妹「あたしそろそろ帰ろうかな」

妹友「そっか。気をつけてね」

妹「じゃあまた明日」

妹友「うん」

妹友「は―・・・すっきりしたようなしてないような」

妹友「あたし、何がしたかったんだっけ」

妹友「親友か・・・嬉しいことは嬉しいんだけど、本当はそれじゃ満足できないのよね」

妹友「複雑な乙女ゴコロってやつですか・・・」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:02:08.84 ID:MDVJDH/D0
妹「妹友って・・・時々わかんなくなるんだよね」

妹「女のこが女のこを、ってあたしは不思議に思っちゃう」

妹「あたしたちは親友だから距離が近いだけだよ」

妹「いつも何かとお世話になってるし。そういう関係って理想じゃない?」

妹「帰ったらお兄ちゃんいるかなぁ」

妹「ま、いるよね。同じ家に住んでるんだもん」

妹「あんまり顔合わせたくないな・・・気まずいし」

妹「何でこううまくいかないんだろ」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:10:49.99 ID:MDVJDH/D0
妹「ただいまって誰もいないか」

俺「おかえり」

妹「わ! た、ただいま」

俺「遅かったな」

妹「友達の家に行ってたから」

俺「あ、あのこ?」

妹「知ってるの?」

俺「もちろん知ってる」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:17:51.32 ID:MDVJDH/D0
妹「何で?」

俺「何でって・・・一緒に帰ってるのをたまに見るから」

妹「あたしのプライバシーを侵害しないで」

俺「プライバシーって・・・外で見かけるのは仕方ないことだろ」

妹「それより、何であたしを見るの?」

俺「え? 意味不明」

妹「あたしのことあえて見なくなっていいじゃない」

俺「別にどうしても見たくて見てるわけじゃない」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:22:51.38 ID:MDVJDH/D0
俺「怒ってる?」

妹「別に」

俺「俺がエロ動画入れたこと・・・」

妹「そんなのとっくに消したよ」

俺「そんなのって! 俺が必死で集めたものを・・・」

妹「そんなことに必死にならないでよね」

俺「お前はわかってない・・・」

妹「もっと・・・考えなきゃいけないことがあるでしょ・・・?」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:25:07.35 ID:MDVJDH/D0
妹「あたしは・・・ずっと・・・」

俺「ずっと?」

妹「考えてたの! これからどうしたらいいのかとか・・・」

俺「俺だって悩んでるよ」

妹「じゃあ何で」

俺「背徳意識」

妹「後悔してる?」

俺「してないといえば嘘になる」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:29:24.41 ID:MDVJDH/D0
妹「何でもっとちゃんとしてくれないの?」

俺「できることならしてるよ」

妹「意気地なし」

俺「そうだよ、俺は意気地なし」

妹「最低」

俺「ああそうかもな―・・・」

妹「本当何なの?」

俺「これが俺。わかった?」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:33:48.23 ID:MDVJDH/D0
俺「部屋に戻ったか」

俺「・・・このまま嫌われればいいんだよな」

俺「どんなに好きでもどうしようもないんだよ」

俺「早く俺とのことを忘れて新しい恋でもしてくれ・・・」

――――

妹「お兄ちゃんの・・・ばかぁ・・・」

妹「あたしの処女奪っておいてなんてひどい仕打ちなの?」

妹「もしかして、新しい女でもできたのかな・・・」

妹「もう・・・やだ・・・」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 18:49:21.39 ID:MDVJDH/D0
―次の日―

妹「・・・よ」

俺(とりあえずあいさつはしてくれるみたいだ)

妹「・・・・・・」

俺「あ、妹」

妹「・・・何」

俺「やっぱり何でもない」

妹「じゃあ呼ぶな」

俺「こわいぞ」

妹「だから何?」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:26:28.50 ID:MDVJDH/D0
俺「いってきます・・・」

俺「妹が無気力になるとひどいんだな・・・恐ろしい」

俺「俺が悪いんだけどな。全部そうだよ」

俺「はあ・・・でも俺にはどうすることもできない」

俺「しあわせは長く続かないし、絶頂を経験すれば下るしかないし」

俺「妹をしあわせにできない兄なんていても仕方がないと思ってたけど」

俺「それが今の俺なんだよな」

俺「かっこ悪い」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:34:41.75 ID:MDVJDH/D0
妹友「おはよ」

妹「・・・はよ」

妹友「昨日のこと・・・引きずってる?」

妹「違う・・・」

妹友「お兄ちゃんとまた何かあった?」

妹「ないよ・・・何にも・・・ぐす」

妹友「あ、泣いた」

妹「ないって言ってるでしょ・・・わ―ん」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:36:22.25 ID:MDVJDH/D0
妹友「落ち着いて・・・ひっひっふー」

妹「それ違・・・」

妹友「深呼吸ってこと!」

妹「そんなんで落ち着いたら苦労しないよぉ・・・」

妹友「とにかく、ね、ハンカチ貸してあげるから」

妹「すまぬ・・・」

妹友「遠慮しないで、ほら」

妹「う・・・うう・・・」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:38:11.97 ID:MDVJDH/D0
妹「お兄ちゃん・・・最低なの・・・」

妹友「うんうん」

妹「あたしのことなんて・・・もうどうでもいいみたいに・・・」

妹友「うん、そっか」

妹「あたしはこんなに苦しくて・・・」

妹友「へえ・・・」

妹「聞いてる?」

妹友「適度に」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:42:21.23 ID:MDVJDH/D0
妹「あ、もう妹友と話してたらどうでもよくなってきた」

妹友「褒められてる?」

妹「すごく」

妹友「それは光栄」

妹「ハンカチ洗って返す」

妹友「いいよ、あげる」

妹「もう使えないって言うの?」

妹友「まさか。妹のことだからまた泣くかもしれないしね」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:48:06.31 ID:MDVJDH/D0
俺友「昨日ついてきたか?」

俺「ついていくかって」

俺友「それは残念」

俺「で、何した?」

俺友「気になる?」

俺「べ、別に」

俺友「知りたいなら教えてやる。ごはん食べただけ」

俺「そうか」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:52:48.49 ID:MDVJDH/D0
俺友「そういえばお前が誰としたのか聞いてなかったな」

俺「いいだろ、そんなの」

俺友「気になるじゃん」

俺「知ったところでどうにもならないだろ?」

俺友「そんなにやばい相手なのか?」

俺「そういうことかな」

俺友「美人局とか」

俺「それはお前の彼女のこと」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:56:04.73 ID:MDVJDH/D0
俺友「失礼な・・・」

俺「ごめん」

俺友「ま、絵画売られそうになったけど」

俺「本当?」

俺友「嘘に決まってる」

俺「なんだ・・・期待したのに」

俺友「嫉妬すんなよ。がんばればお前にも彼女できるって」

俺「こっちだっていろいろあるんだよ・・・」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 19:58:54.82 ID:MDVJDH/D0
妹友「帰ろ―」

妹「うん・・・」

妹友「びっくりするくらい元気ないね」

妹「バイオリズム的に最底辺だから」

妹友「でも占いでは妹の星座最高だったよ」

妹「また根拠のないことを・・・」

妹友「そのバイオリズムだって感覚的なものでしょ」

妹「自己分析は当たるの」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:01:13.99 ID:MDVJDH/D0
妹友「なんか食べてこ」

妹「食欲ない」

妹友「だめ。行くの」

妹「しょうがない・・・」

妹友「このままだと妹がやせ細りそうなんだもん」

妹「大丈夫だって」

妹友「どこからそんな自信が・・・」

妹「逆にハイなのかも」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:09:51.03 ID:MDVJDH/D0
妹友「いっぱい食べなさい」

妹「いただき・・・ます」

妹友「勢いないよー」

妹「おいしそうって思うんだけど、食べる気にはならない不思議」

妹友「妹には太ってもらわないと」

妹「え、そしてまるまる太ったところであたしを食べる気?」

妹友「ばれてたか・・・」

妹「あたし豚と一緒?」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:17:23.08 ID:MDVJDH/D0
妹友「豚じゃない、牛」

妹「どっちも同じだって」

妹友「まあ、どっちにしろ妹が笑ってくれればいいよ」

妹「妹友っていいひとだね」

妹友「気付くの遅い」

妹「だって・・・」

妹友「早くしないと冷めるよ」

妹「ありがと。友達っていいね」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:24:09.96 ID:MDVJDH/D0
妹友「はあ・・・あたしって損な役回りよね」

妹「何か言った?」

妹友「ううん」

妹「これもらってもいい?」

妹友「食べ過ぎると太るよ」

妹「食べて欲しいのか欲しくないのかどっち?」

妹友「難しいな」

妹「これももらってあげるね」

妹友「あ、それ! あたしの好物なのに!」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:27:33.15 ID:MDVJDH/D0
妹「ごちそうさまでした」

妹友「あたしほとんど食べられなかった・・・」

妹「でもあたしの笑顔を引き出せたでしょ?」

妹友「まあね」

妹「安いものじゃん」

妹友「まあ、元気になってくれてよかった」

妹「あたしって安い女?」

妹友「ううん。そういうのかわいいよ」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:33:34.11 ID:MDVJDH/D0
妹「妹友が男だったらよかったのにな」

妹友「本当に思ってる?」

妹「さすがに冗談」

妹友「ひ、ひどい」

妹「傷ついた?」

妹友「若干ね」

妹「一番好きな人とは結ばれないって本当のことかも」

妹友「あたしも同じこと考えてた」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:42:30.70 ID:MDVJDH/D0
妹友「お兄ちゃんのこと本当に好き?」

妹「うん・・・」

妹友「それだったら、一番の理解者にならないと」

妹「え? どういうこと?」

妹友「お兄ちゃんだってきっと苦しいんだよ。妹と同じように」

妹「あれ、なんかいいこと言うね」

妹友「じゃあここで。またね」

妹「明日学校で」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 20:53:17.62 ID:MDVJDH/D0
妹「お兄ちゃんも苦しい、か」

妹「確かにそうだよね・・・その時の性欲だけでエッチしたりしないよ、お兄ちゃんは」

妹「たぶん」

妹「って弱気になってる、あたし」

妹「とにかく、家に帰ったら笑顔でいよう」

妹「あたしは自分が辛いってことしかわかってなかったんだよ」

妹「ひとの気持ちなんて考えもしないで・・・」

妹「がんばれあたし」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:18:10.22 ID:MDVJDH/D0
妹「ただいま」

俺「おかえり」

妹「ごめんね」

俺「何で謝る?」

妹「だって、ここのところあたし・・・」

俺「謝るのは俺の方」

妹「じゃあこれでおあいこ」

俺「そうだな」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:18:54.99 ID:MDVJDH/D0
俺「お腹すいてない?」

妹「友達と食べてきた」

俺「そっか」

妹「・・・・・・」

俺「・・・・・・」

妹「何か話して」

俺「え、そうだな・・・」

妹「早く」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:19:17.40 ID:MDVJDH/D0
俺「せかされても・・・」

妹「面白い話ができない男は嫌われるんだよ」

俺「そうなのか?」

妹「そう」

俺「じゃあ俺やばいじゃん」

妹「お兄ちゃんは・・・モテなくていいの」

俺「どっちだよ」

妹「微妙なところ」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:19:43.55 ID:MDVJDH/D0
俺「じゃ、ゲームでもする?」

妹「うん」

俺「部屋散らかってるけど」

妹「いつものことだから」

俺「片付けてくれてもいいよ」

妹「変なの出てきそうだからやめとく」

俺「もうおまじないはしてないよ」

妹「それは変なものじゃないもん」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:20:08.85 ID:MDVJDH/D0
俺「俺もなかなかかわいいことするよな」

妹「神様に祈ったりとかね」

俺「あの時は必死だったから」

妹「今は?」

俺「落ち着いてる」

妹「あたしのこと・・・やっぱりいいや」

俺「気になる」

妹「気にしないで。何でもないから」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:20:28.34 ID:MDVJDH/D0
俺「昔はよくゲームしてたな」

妹「いつもお兄ちゃんに負けてた気がする」

俺「頭脳の差?」

妹「違う、経験の差。あたしゲーマーじゃないもん」

俺「まあまあ。罰ゲーム何がいい?」

妹「え~・・・3回勝ったら何か命令できる」

俺「普通すぎ。まあいいけど」

妹「だってそれ以外何もないもん」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:20:46.89 ID:MDVJDH/D0
俺「よし、絶対勝つ」

妹「あたしに何させる気?」

俺「目的は妹に勝つことだけ」

妹「ひど―い! 手加減してよね」

俺「フェアプレーじゃなきゃ」

妹「お兄ちゃんのほうが強いんだから、それこそアンフェア」

俺「仕方がない・・・俺の場合は5回負けたらにしてやるよ」

妹「難易度上がってる!」




>>100get

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:21:22.99 ID:MDVJDH/D0
俺「ばれたか・・・お前が2回勝ったらでいいよ」

妹「あんまりハンデになってないような?」

俺「細かいことは気にしない」

妹「そこ大事」

俺「あ、ほら、始まってるって」

妹「え、ちょっと、やめ・・・」

俺「相変わらず弱いな」

妹「だって久しぶりなんだもん」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:22:10.26 ID:MDVJDH/D0
俺「あっという間に俺の3連勝」

妹「これで目的達成したでしょ?」

俺「お楽しみはこれから」

妹「あ、あたし用事思い出した。戻るね」

俺「だめ」

妹「ええ―・・・」

俺「そうだな・・・何しよう」

妹「変なことしないでよね」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:23:03.31 ID:MDVJDH/D0
俺「今更禁止事項を増やすなよ?」

妹「だって・・・」

俺「決めた。パソコン貸して」

妹「え?」

俺「それでいいよ」

妹「いいの?」

俺「いいよ」

妹「取ってくる」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:23:46.81 ID:MDVJDH/D0
妹「はい」

俺「じゃあ外で待ってて」

妹「何するの?」

俺「秘密。教えたら面白いことなくなるじゃん」

妹「そうだけど・・・」

俺「早く早く」

妹「飼ってもらったばっかりなのに・・・壊さないでね」

俺「もちろん。終わったら携帯にメールする」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:24:34.89 ID:MDVJDH/D0
俺「さて、借りたはいいけどすることないんだよな」

俺「どうしたらいいものか・・・」

俺「まずあれがどうなったのか見てみよう」

俺「・・・しっかり消されてる。ちょっとでも見てみればいいのに」

俺「面白いこと・・・面白いこと・・・」

俺「ん・・・とりあえず素直な気持ちでも書いておくか」

俺「ワードでいいか」

俺「・・・いい言葉が思いつかない」




>>104
飼って→勝って

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:25:18.77 ID:MDVJDH/D0
俺「メール着た・・・『まだ?』」

俺「『跡少し』っと」

俺「何を書いたらいいのかわかんね・・・」

俺「『お前の事避けてきたように思うけどそれが本心じゃないんだ。それには俺なりの考えがあって』」

俺「『どうしようもないからそうすることしかできなかったんだ。お前にはいろいろと辛いこと言ってたよな。』」

俺「『これでよかったのかどうか今でも迷ってるんだ。その答えが出てないから俺も苦しい。』」

俺「『間違ったことをしたかもしれない。お前の人生を壊したかもしれないという考えが頭を離れない。』」

俺「『どんな風に接したらいいのかわからなくなった。近くにいすぎたらまた同じことを繰り返してしまいそうでこわかった。』・・・って長い! 消去だ」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 21:25:19.01 ID:m7gb6lJwO
早くエロを

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:26:04.32 ID:MDVJDH/D0
俺「こんなに長い文章を読む気しない」

俺「女々しいし」

俺「はあ・・・もういいや」

俺「俺はこの3文字に全てを託す。これでできあがり」

俺「メールしよう・・・『終わった』」

妹「お兄ちゃん遅い!」

俺「ごめんごめん」

妹「何してたの?」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:26:54.62 ID:MDVJDH/D0
俺「見ればわかるよ」

妹「そうだとは思うけど・・・」

俺「疲れたから俺寝る」

妹「早くない?」

俺「そういえば昨日3時間しか寝てなくて」

妹「どうせエロ動画見てたんでしょ?」

俺「まあな」

妹「汚らわしい。じゃあね」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:27:42.85 ID:MDVJDH/D0
俺「あ―・・・あれ見たら何て言うのかな」

俺「やっぱり書かなきゃよかった」

俺「今後悔しても遅いけど」

俺「うう・・・緊張で吐き気が・・・」

――――

妹「お兄ちゃん何したんだろ」

妹「壁紙は変わってない」

妹「あたし一応見られて困るようなものは保存してないし大丈夫」

妹「あ、ワードの文書が増えてる」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:28:49.85 ID:MDVJDH/D0
妹「どうしよう・・・嫌いとかだったら。見られないよ」

妹「『残念だけど、すでにお前のことは妹としか見られなくなっている。』」

妹「『あの日のことは忘れてくれ。俺が間違っていたんだ。許してほしい。』」

妹「『状況が状況だったから、そうしてしまった。今となっては後悔でしかない。』」

妹「『お前にはちゃんとした道を歩いてほしいと心から願っている。俺はそう願うことくらいしかできないからな。』」

妹「『もちろん俺も忘れるよ。俺たちしか知りえないことなんだ。俺たちが忘れればそれだけでいい。簡単だろ?』」

妹「・・・なんて悲しいことしか思いつかないよ」

妹「でも見るしかない・・・えいっ! え・・・?」




つまらないしエロなくてすまんこ
続きはまた明日に

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 23:52:40.81 ID:DdwDJIJ+0
兄「出すぞっ!50年溜めた精●をっ!」

妹「あんっ!うんっ!出して!いっぱい中に!」

兄「うっ!」

ドクドクドクドク

妹「やぁぁ!いっぱい出てるううう!」

ドクドクドクドクドクドク

妹「まだまだ出てるうううううう!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/09(水) 23:53:44.03 ID:DdwDJIJ+0
ドクドクドクドク

妹「あぁん!まだ出てるよおおおお!!」

ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

兄「うっ!出る!まだまだ出る!」

ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

妹「ああっ!お腹が熱いよう!」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:54:26.01 ID:DdwDJIJ+0
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

妹「お、おにい?まだ出るの?」

兄「やっと中学の頃の分を出し終えたくらいだ」

妹「いやああああああああああ」

ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

兄「中学の頃の記憶が走馬灯のように蘇る!!」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:55:07.04 ID:DdwDJIJ+0
―中学時代の思い出―


友「お前いつも何見て抜いてんの?」

兄「俺実は、オ●ニーした事ないんだ」

友「マジで!?やばくね!?」

兄「まあ、夢精しそうになる、でもチ●コ縛って寝てるから大丈夫だ」

友「何やってんだよお前……なんでそんな事してるの?」

兄「俺……50年分の精●を妹に中出しするのが夢なんだ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:55:48.07 ID:DdwDJIJ+0
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

妹「もう抜いて!限界!」

兄「我慢しろ!まだ高校の分が今出るところだから!」

ブシュー!

妹「ヘソから精●噴いちゃったあああああああああ」

ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

兄「ああ!高校の頃の記憶が走馬灯のように蘇る!」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:56:29.30 ID:DdwDJIJ+0
―高校時代の記憶―


彼女「ねぇ、兄」

兄「なんだ?」

彼女「なんでいつもキスだけで終わっちゃうの……」

兄「実は俺、童貞なんだ」

彼女「じゃああたしがもらってあげるっ」

兄「ダメだよ、俺妹に50年分の精●を中出しするのが夢だし」

彼女「何それ!最低!別れる!」

バシッ!

タッタッタッタッ

兄「この恋も…またこんな終わり方か…」




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:57:23.91 ID:DdwDJIJ+0
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

妹「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボ」

兄「おい!妹!しっかりしろ!」

妹「ゲボオ!もう!口から精●出て来たじゃない!」

兄「それでいいんだ!なんたって50年分の精子だぞ!」

ブシュー!

妹「耳から精●噴いちゃったああああああああああ」

ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:58:17.54 ID:DdwDJIJ+0
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

兄「うっ!大学時代の精●出る!!」

妹「多いの!?大学時代は多いの!?」

兄「一年留年して大学院まで行ったから7年分だ!!」

妹「いやあああああああああああああああああああ!!」

ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク
ドクドクドクドク

兄「嗚呼!大学時代の記憶が走馬灯のように蘇る!!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:58:58.83 ID:DdwDJIJ+0
―大学時代の記憶―



兄「ぐーぐー」

ピンッ

兄「ん?これはなんの音だ?」

兄「ああ!チ●コに巻いた縄が精子の圧でほどけてる!」

ギュウ!

兄「まずい!精●が出てしまう!」

兄「応急手当てをしなきゃ!なんかないか!なんかないか!」

キラーン

兄「あ!これだ!」

兄「アロンアルファを尿道に練り込もう!」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 23:59:48.37 ID:DdwDJIJ+0
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!

妹「いやあああ!なんか勢いが違うううううううう!」

兄「大学時代はアロンアルファで固めてたからおしっこもしてなかったからその分もあるな!」

妹「いやあああああああああああなんか頭が熱い熱いいいいいいい」

ブシュー!

妹「つむじから精●噴いちゃってるうううううううう!!!!!!!!!!!!!」

ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:00:29.46 ID:HWCANAAm0
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!

妹「死ぬうううううううううううううううううう」

兄「気持ちいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

妹「次は何時代!!何時代なの!!」

兄「次は最後の社会人時代だ!!!!!」

妹「え!?最後!?」

兄「37年分だああああああああああああああああ!!」

妹「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!
ドク!ドク!ドク!ドク!

兄「OK!社会人時代の記憶が走馬灯のように蘇る!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:01:26.96 ID:HWCANAAm0
―社会人時代―

コロ… コロ…


社員「おい!誰だよ!バランスボールをここに置いてるのは!」

OL「あの、言いづらいんですけど…」

社員「お前か!会社にダイエット道具持って来ていいと思ってんのか!」

OL「今日配属されて分からないと思いますが、これ、部長です」

社員「な、なんだって!?」

コロ… コロ…

兄「ははは、いやぁ、少々玉がデカくなってしまってね」

社員「す、すいませんでした!」

兄「気にしなくていいんだよ、慣れてるから」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:02:29.91 ID:HWCANAAm0
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!

妹「ぎゃあああ!何これもはや爆発ううううううう!!!」

兄「ああ!今までの苦労が報われるううううううう!」

妹「はうあっ!目が!目が!出ちゃう!!!!」

ブショショッショッショッ!!!!!!!!!!

妹「ぎゃああああ!!精●圧で目が取れたああああああああ!!!」

ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:03:10.91 ID:HWCANAAm0
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!

妹「全身の穴から精●があああああああああああいああ」

ビュビュビュビュビュビュビュビュビュビュ!!!!!!!!!!!!!!!!

兄「俺もケツから精●出てきたあああああああああああああああああああ」

ビュビュビュビュビュビュビュビュビュビュ!!!!!!!!!!!!!!!! 

ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:04:04.94 ID:HWCANAAm0
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
妹「あたし精●になっちゃううううううううううううううう」
兄「精●になれえええええええええええええええええええええええええええええ」
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!
ドックカーン!ドックカーン!

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:05:50.71 ID:HWCANAAm0
―102時間後―



ドックカーン!ドックカーン

ドックカーン…ドックカーン…

ドックカーン……ドック………カーン

………ドクドク……ドク………………


…………ドク……


……ドク……


…ド………ク……

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:06:37.72 ID:HWCANAAm0
妹「ハアハア…いっぱい出たねお兄ちゃん」

兄「ハアハア…ああ、すっきりした…、ちょっと待ってろ」

妹「え?何?」

シュッ シュッ

兄「これで精●拭けよ」

妹「んもう、ティッシュで拭ける訳ないじゃん」

兄「はは、そうか」

妹「クラシアン呼ばなきゃ」

兄「こいつーーー」

おでこチョン

妹「テヘッ♪」



-END-

スポンサーサイト

2011-02-10 : SS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

オススメ商品

お世話になってるサイト様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。